ジャナイナ・チェッペ展

会期/開館時間

2006年10月7日 − 11月5日
10:00 - 20:00
休館日 10月17日

入場料

500円

  • z platz共通券
  • 中学生以下無料
  • 再入場可
関連イベント

Blood, Sea-Ague, 2004

水が織りなす未来の寓話

ニューヨークとブラジルを拠点に活動している作家ジャナイナ・チェッペは、ドローイング、写真、映像といった様々なメディアで制作している。彼女は女性の体をつかい、夢と現実の間の空間を探究するために、彫刻的なコスチュームや自然によってそれを変形させる。そこには怪物的なおぞましさと崇高な美が同時に存在し、観るものを夢の世界へと引きずり込む。

彼女の作品にはしばしば水や血液、涙といった液体のモチーフが登場する。これはジャナイナという名前が、アフリカ係ブラジル人の水の神を表していることと無関係ではないだろう。水は結合する要素として存在し、生命体として完成されていない怪物を変貌のメタファーとして成立させると同時に、諸々の現象を現実とわずかにずれた地点で交錯させていく。

ある種の完全さは膨大な不完全の集積によってのみ実現されるが、脈々と流れる水によって織り合わされた不確かな物語もまた、異なる時空へと到達している。われわれはこれを現代の神話ではなく、未来の寓話として共有することになるだろう。

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

開催中

2020/12/19 − 2021/1/31  |  10:00-20:00   |  休館日 12/31、1/1

編みものけものみち

三國万里子展

次回予告

2021/2/6 − 3/14  |  10:00-20:00   |  休館日 2/16、2/17

浅田政志写真展『私の家族』