リートフェルトの色とかたち

会期/開館時間

2007年4月21日 − 6月10日
10:00 - 20:00
休館日 5月15日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 中学生以下無料
  • アルティアムカード会員無料
関連イベント

椅子の名作や世界遺産の建築などを紹介!

●椅子や建築の名作をうみだしたデザイナー
20世紀のデザインと建築に大きな足跡を残した
ヘリット・トーマス・リートフェルト(1888年 オランダ・ユトレヒト生まれ-1964年 同没)は、肘掛け椅子「レッド・アンド・ブルーチェア」(原型1918年)や世界遺産のシュロイダー邸(1924年)の生みの親であり、オランダの近代デザイン運動「デ・スティル」の一員として、これまでたびたび紹介されてきました。

●前衛的かつぬくもりあふれる椅子
家具職人だった父親から伝統的な木工技術を受け継いだ
リートフェルトは、家具の量産やプレファブリケーション工法による住宅を目指して、シンプルなデザインに創意と工夫を活かす展開をしました。その真価は赤・青・黄・黒・白という基本原色、直角と直線がつくりだすフォルム、そしてその不思議な構造にあります。一見前衛的に見えながら、手作りのぬくもりが感じられる椅子は、没後40年を経た今でも生産され続け、近代デザイン史上の名作として、世界の人々に愛されています。

●子どもも大人も楽しめる展覧会 
本展覧会では、「リートフェルトの色とかたち」をテーマに、名作椅子、子供向けの家具、世界遺産の建築などを紹介します。また「レッド・アンド・ブルーチェア」の模型をつくるコーナーや、実際に椅子に座っていただくコーナーもあり、子供から大人までお楽しみいただけます。

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

開催中

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦

次回予告

2019/10/12 − 11/10  |  10:00-20:00   |  休館日 10/15

近藤聡乃展 呼ばれたことのない名前

Kondoh Akino Exhibition: Never Before Named