For Rent! For Talent! 3

会期/開館時間

2007年11月30日 − 12月16日
10:00 - 20:00

入場料
  • 無料
関連イベント

「For Rent! For Talent!」は、今後の活躍が期待されるクリエイターに展示スペースを開放し、その創作活動と可能性を支援することを目的として企画された公募展です。
2005年から毎年開催しており、今年で3回目を迎えます。
ここでは、2007年度の入選作家12名の展示作品をご紹介します。

審査員 【山野 真悟】

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

作家紹介

イノウエ みゆき

1984年生まれ 茨城県在住
食パンの耳で棺桶を、中の白い部分で亡骸らしきものをつくった作品。人の生死における存在感の強さなどがコンセプト。

esdrm

1986年生まれ 福岡県在住
ギャラリーIAF shop*福岡市中央区では、カビをテーマにした個展を行い、3週間の期間中、壁にペインティングを増殖させ続けた2006年夏
本展ではペインティングを中心とした作品を展示予定。

砂糖 彩

1984年生まれ 福岡県在住
自分が吐き出したもの、唾液を意味する造語ペッツがテーマ。型染めとシルクスクリーンによる染色を駆使し、主に布をつかった平面作品を制作・展示予定。

柴田 有理

1981年生まれ 岩手県在住
奇抜なビジュアルと不可思議なテキストによる作品群で、独特の世界を 表現する作家。本展では写真、ドローイング、テキスト等を展示予定。

進藤 環

1974年生まれ 東京都在住
腐りかけの食べ物を握りつぶす映像、薄い布をチャックでつなげた等身大の人形、くまのぬいぐるみを象った布の固まり、チャックで描いた絵など、立体、映像、写真を交えたインスタレーションによる表現を予定。
表裏一体、内側と外側、その境界をマジックのように反転させることがテーマ。

賢尻

1979年生まれ 東京都在住
お尻をとおして人間・人体の存在や本質を追求しようと試みている作家。墨や朱墨を使用し、お尻で一気に描いた渾身のヒップ・ペインティングを展示する。また初日のオープニングレセプションでは、ライブ・ペインティングを行う予定。

田中 園子

1975年生まれ 岡山県在住
同じことが日々繰り返される主婦の日常を、映像と写真でつづる。そこにあるのはただどこにでもある日常だが、確かにそこに存在している幸福感に限りなく接近している。

田中 千智

1980年生まれ 福岡県在住
主に油彩、水彩を使って人物の絵を描く作家。東京や福岡など、各地で展示をしている。ギャラリーアートリエ福岡市博多区でも11月25日まで作品を展示中。本展では油彩を展示予定。

福本 歩

1979年生まれ 神奈川県在住
福本歩は、道具として価値を失った古い道具たちを買ってきて、さらに役に立たないように工夫を凝らして改良し、高く人に売りつけてやろうと考えている作家である。本展でもユニークで、かつデティールにこだわった独特の作品群を展示予定。

YUKARINA

1979年生まれ 香川県在住
強そうに見えて脆いもの、脆いように見えて強いものというテーマを中心に平面作品を描く作家。作品は主に色鉛筆によるドローイングやアクリルによるペインティングなど。どちらも細部まで緻密に描き込まれている。

吉岡 雅哉

1981年生まれ 兵庫県在住
日本の景観を損ねるコンビニや、テレビの過剰報道を現代の病理と して捉え、示唆的・挑発的な態度で制作する作家。本展では平面作品を 数点展示。

夜舟

1975年生まれ 福岡県在住
少女独特の魅力や切なさを描く、福岡県在住のイラストレーター。各地でも展示の他、webや雑誌、CDのジャケット画など多方面で活躍中。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

開催中

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦

次回予告

2019/10/12 − 11/10  |  10:00-20:00   |  休館日 10/15

近藤聡乃展 呼ばれたことのない名前

Kondoh Akino Exhibition: Never Before Named