谷尻誠展

- 拾う建築のデザイン

会期/開館時間

2008年4月25日 − 6月8日
10:00 - 20:00
休館日 5月20日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 中学生以下無料
  • アルティアムカード会員無料
関連イベント

日常の中に潜んでいる魅力を、純粋な視点で見つめ直すプロセス

多くの人は、木になっているきれいなりんごを食べようとして、落ちたりんごは食べられないと考えます。しかし、谷尻誠は落ちたりんごに目を向ける建築家です。落ちてしまったものこそもっとも熟していて、食べ頃のおいしいりんごなのではないか…そうした日常の中に潜んでいる魅力に気付き、純粋な視点で見つめ直すことから「拾う建築のデザイン」は始まります。

「毘沙門の家」でGOOD DESIGN賞を受賞するなど、その才能が全国的に注目されている若手建築家・谷尻誠。全国各地で手がけている建築物は、「浮き箱」のような家や、屏風のように折れ曲がった壁など、大胆な構造のものが多く見られます。これらは場の力を引き出すために選ばれた、必然的な姿形です。様々な環境から導き出される建築の形態、そして建築行為から生起する状況、そうした場と建築の関係性を巡る広大な思索の森の中で、谷尻誠はどこかに潜んでいる魅力を見つけ出し、それをかたちにしていきます。

本展では、会場全体にインスタレーション「こころの森」を展開します。その中を歩き、実際に体感することで、谷尻誠のコンセプトの一端を感じていただくことができます。またこれまでの代表作品を模型や写真、パネル等で展示。詩的なコンセプトに支えられた谷尻誠の世界観をぜひご覧下さい。

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

まもなく開催

2019/7/20 − 8/25  |  10:00-20:00  

ひびのこづえ展

「みる・きる・つくる」

予告

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦