三菱地所アルティアム開館20周年記念展

アルティアムプロスペクティヴ

-20年の時を超えて愛されるもの-

会期/開館時間

2009年5月30日 − 6月21日
10:00 - 20:00
休館日 6月16日

入場料
  • 無料

奈良美智Harmless Kitty
1994/acrylic on cotton/150.0x140.0cm
c Yoshitomo Nara courtesy Tomio Koyama Gallery

アルティアム20年史の中から 選りすぐりの現代アート展

三菱地所アルティアムは、今年で開館20周年を迎えます。これを記念し、過去にアルティアムで展覧会を開催したアーティストの中から、8名によるグループ展「アルティアムプロスペクィヴ-20年の時を超えて愛されるもの」を開催いたします。
この展覧会では、20年間変らない信念とともに今日までのアルティアムの歩みを紹介。あの時、時代を彩ったアルティアムゆかりのアーティストたちの作品をお楽しみいただけます。
会場には、8名による代表作品合計30点あまりを展示。写真、絵画、立体、映像、ドローイング、インスタレーションなどジャンルにしばられない多様な作品から、時を超えてもなお色褪せることのないアートの根源的な魅力を浮き彫りにします。

また05年、「福田里香展」にて制作・展示した柑橘系リキュールがほどよく熟しています。会場ではこのリキュールも展示し、会期中試飲もお楽しみいただけます。(なくなり次第終了)

メインタイトルの「プロスペクティヴ」とは、見込みのある、期待される、将来の、という意。本展では、アルティアム20年の断片を切り取り、当時挑んだ様々な試みをふり返ると同時に、本ギャラリーの将来と可能性について考えます。

参加アーティスト
荒木経惟、会田誠、奈良美智、草間彌生、江上計太、袁廣鳴、ジャナイナ・チェッペ、福田里香

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

プロフィール

荒木経惟
独特のエロス観と情愛で、日常の中にある裸体・花・風景などの撮影を得意とする写真家
会田誠
1965年新潟県生まれ。東京藝術大学大学院修了。
絵画、写真、立体、小説、漫画、都市計画など表現領域は多岐にわたる。
奈良美智
1959年、青森県生まれ。愛知県立芸術大学院修了、デュッセンドルフ芸術アカデミー修了、現代美術家
草間彌生
水玉のモチーフや合わせ鏡を用いたオブジェなどの立体作品、ドローイング等を主に制作する現代美術家

江上計太
1951年福岡県生まれの現代美術家。東京藝術大学卒業。
インスタレーションを中心に制作し、本展では新作を展示
袁廣鳴ユェン・グァンミン
台湾出身の現代美術家。
映像を使ったインスタレーションを中心に数々の国際展で活躍している
ジャナイナ・チェッペ
ペインティング、映像、写真を用い、自然と生命、再生と変容といったテーマを模索する現代美術家
福田里香
武蔵野美術大学卒業。新宿高校に勤務後、独立。
菓子と果物を専門に国内外で活躍する料理研究家

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団

まもなく開催

2019/7/20 − 8/25  |  10:00-20:00  

ひびのこづえ展

「みる・きる・つくる」

予告

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦