マイケル・リン展「間」

Michael Lin solo exhibition“room”

会期/開館時間

2009年9月5日 − 10月11日
10:00 - 20:00
休館日 9月15日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下無料
  • アルティアムカード会員無料
  • レターセット付き入場券一般600円、学生500円

"Green House" 2008 エマリュジョン 794x437cm/794x62.5cm/
794x50cm 九州大学伊都キャンパス ウェスト2号館、福岡

マイケル・リンの国内初となる個展を開催!

伝統的な台湾のテキスタイル模様を応用し、建築空間にこれを引きのばしてペイントする新しい絵画表現を確立。
近年では、身近な布の模様やパターンを大きなスケールで描いたスタイルを発展させ、制作を行う地域の伝統的・文化的モチーフ、空間の建築的特徴や場所との関係性を現地のリサーチを経て呼吸した作品を展示する。
初の大型個展となる本展では、日本の建築的モジュールを取り入れ、これまでのスタイルをさらに発展させ、動きを与えた絵画インスタレーションを展開する。

本展インスタレーション
本展では、日本の伝統建築をベースに、彼の手で独特なアレンジを加えた絵画インスタレーションを発表する。これまでのスタイルをさらに発展させ、観客が体感できる、動きを持った作品を展開する。
また、本展と同時期に第4回福岡アジア美術トリエンナーレ2009が開催される。国内外からアートファンが集う2009年秋に、現在もっとも多忙を極める作家を紹介する機会となる。

旧ウェブサイトブログでのレポート記事

ma / マイケル・リン

このとは、物体のない展覧会である。
は行為であり、パフォーマンスであり、もしくは、ちょっとした散策である。
定められた物語や順序はない。
ここにあるのは、それぞれの人が遭遇する、数々の感覚と体験。
決まったルールもなく、間から間へと、気ままに移動する行為そのものが、パフォーマンスとなる。
戸が開かれ、閉じられる動作は、ものごとの始まりと終わりを合図する。
自らの身体の動きや感覚に沿って、空間を自由に移動しながら、
それぞれの物語を紡いでほしい。
人が訪れる度に、新しい体験や物語が生まれていく。
同じものはひとつとしてないのだ。
ひとつの動きは常に、新たな時間の流れと、新たな速度を予期する。
の主人公は、あなたである。
人の存在なしに、が存在することはない。

Michael Lin マイケル・リン

1964年 東京生まれ。台北とパリ、ベルギーを中心に活動。
1990年 オーティス・アート・インスティチュート、パーソンズ・スクール・オブ・デザインロサンゼルス、アメリカ卒業、
1993年アートセンター カレッジ・オブ・デザイン修士パサデナ・カリフォルニア州修了。
福岡アジアトリエンナーレ1999をはじめ、光州ビエンナーレ2002、広州トリエンナーレ2005など多数の国際展に参加。

主なパブリック・コミッション
2008
十和田市現代美術館青森、日本
九州大学福岡、日本
BLIND WALL PROJECTゲント、ベルギー
2007
L’ECOLE DES CIGALESボーソレイユ、フランス
ROGALAND SCHOOL OF ARTスタバンゲル、ノルウエー
2006
KUNSTLINIEアルメラ、オランダ
2004
金沢21世紀美術館石川、日本

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
企画協力:モマ・コンテンポラリー
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団

開催中

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦

次回予告

2019/10/12 − 11/10  |  10:00-20:00   |  休館日 10/15

近藤聡乃展 呼ばれたことのない名前

Kondoh Akino Exhibition: Never Before Named