Paul Smith’s Collection

―inside of my head―

会期/開館時間

2010年3月20日 − 4月18日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下無料
  • アルティアムカード会員無料

Gio Ponti / TWO FACES ON BLUE BACKGROUND

ポールのオフィスを再現した空間で見る、日常に解け込んだコレクション

本展は、ポール・スミスが長年に渡って蒐集してきたアートコレクションを中心に、本や自転車、ヴィンテージの服、家具、雑貨など、多岐にわたる彼のコレクションによって構成する展覧会です。

ポール・スミスはティーンエイジャーの頃に初めて購入したポスターを皮切りに、長年にわたってアート作品をコレクションしてきました。デイヴィッド・ホックニー、グレイソン・ペリー、ブルース・ウェーバーなど名だたるアーティスト、フォトグラファーの作品から、未来への大きな可能性を秘めた新人アーティストや無名の学生の作品まで、その全ては著名であるかどうかや価値があるという理由によるものではなく、彼の心に響くものが選ばれています。アート作品と同様に大切にしている様々なものにも、それぞれにストーリーがあり、ポール・スミスの広 い視野や興味、さらには彼を取り巻く様々な人々の姿を感じることができます。

アート作品も含めたそれら全てから浮かび上がってくるのは、まさしくポール・スミス、彼自身かもしれません。

展示作家:
バンクシー/ブルース・ウェーバー/チャーリー・イングランド/コナー・ハリントン/クレイギー・エイチソン/デイヴィッド・ホックニー/ジオ・ポンティ/グレイソン・ペリー/ジャック・ニューリング/ジェームズ・ロイド/ケレン・ルクテンステイン/ルーク・コーフィールド/パクプーム・シラファン/ポール・インセクト/ピーター・ビアード/ピーター・ブレイク/フィル・フロスト/R.B.キタイ/シェパード・フェアリー/スリム・アーロンズ/スペンサー・チュニック/本城直季

10-01b-pauln

Gio Ponti / TWO FACES ON BLUE BACKGROUND

10-01c-pauln

左からBanksy / RE-MIXED FLOWERS、Bruce Weber、 Banksy / GANGSTA RAT、Craigie Aitchison / SCOTTISH LANDSCAPE

10-01e-pauln

James Lloyd / PINK FEATHER DUSTER

10-01f-pauln

Banksy / RE-MIXED FLOWERS

Paul Smith

Paul Smith

ティーンエイジャーの頃には購入するだけで精一杯だったポスターを皮切りに、長年に渡ってアート作品や写真をコレクションしてきました。ほとんどはアートフェアやアートギャラリーが開催する展覧会のポスターで、それらは世界各地にあるポール・スミスのショップにディスプレイされています。そこから見て取れるように、私のまわり、そしてポール・スミスのショップは多くのアートで囲まれています。たくさんの作品で壁を埋め尽くすアートウォールと私達が呼んでいるディスプレイ法は、ポール・スミスのシグネチャーと言われるまでになりました。
私はアートを有名だからという理由や、価値があるという理由ではなく、心に響くかどうかで選びます。よって無名の学生の作品から、有名なアーティストやフォトグラファーの作品まで幅広く所有しています。
私は自分がコレクターだとは思っていません。なぜならコレクターとは特定の作家に対して深い理解と情熱がありますが、私の場合はただ単に好きなものを集めた結果だからです。

ポール・スミス

 

Paul Smith ファッションデザイナー
1946年、イギリス、ノッティンガム生まれ。1970年、ポール・スミス リミテッドを設立。
1976年パリでポール・スミスのメンズコレクションを発表。
次第に評判は世界へと広がり、グローバルなショップ展開を行う。
1993年ポール・スミスのウィメンズコレクションを発表。
2000年、デザインへの勲功によりエリザベス女王よりナイト爵位SIRを授与された。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
協力:ポール・スミス ジャパン
企画:北澤ひろみ
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団

まもなく開催

2019/7/20 − 8/25  |  10:00-20:00  

ひびのこづえ展

「みる・きる・つくる」

予告

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦