石田智子

露地

会期/開館時間

2010年5月23日 − 6月6日
10:00 - 20:00

入場料

無料

ここでしか見ることのできない幻想的な紙縒りこより作品

お寺に嫁ぎ、家事や作務に追われる日常生活の中で石田智子が紙縒りを作るようになったのは、お供え物の包装紙がきっかけでした。物を包むだけでなく、包みを差し出す人の様々な思いを運んでくる包装紙に注目し、願い事の短冊を笹に結ぶように紙縒りを作り始めたのです。一つ一つに自分自身を刻み込むようにして作り続けた紙縒り・・・やがて石田はそれらを織るように組み合わせ、その時その場に応じた姿形の紙縒り作品を国内外で発表してきました。

本展ではギャラリー内で最新のインスタレーションを制作し、発表します。作品の性質上、展覧会が終われば作品は解体されてしまい、二度とその姿を見ることはできません。一つだけでは小さく脆い紙縒りですが、丹念に組み合わされて現れるその巨大なインスタレーションは、かつてないほど幻想的で優美な世界を示し、観るものに強烈な印象を与えるでしょう。福岡で作品が制作されるこの貴重な機会に、ぜひアルティアムへご来場下さい。

※タイトルの「露地」とは、命が身にまとってしまったものを脱ぎ捨てていくところを示す言葉です。

10-03b-ishidan

石田智子静静流転2007

10-03c-ishidan

石田智子

1982年に京都精華大学美術学部染織科を卒業後、ファイバーアーティストとして活躍。
1991年、作家で僧侶の玄侑宗久氏臨済宗妙心寺派福聚寺副住職のお寺に嫁ぎ、限られた時間と空間を生かして紙縒こよりによる作品制作を始めた。 紡がれた大量の紙縒を重ね合わせ、かつてない幻想的な世界を独自に切りひらいたインスタレーションは国内外で高く評価されている。2000
常設作品として出品/感覚ミュージアム・香の森宮城
第9回国際レース・ビエンナーレ;現代美術/衣装とレースの美術館ベルギー
2001
第9回国際レース・ビエンナーレ/ハイデルベルクテキスタイル美術館ドイツ
2003
個展/衣装とレースの美術館ベルギー
個展/ギャラリーナノリウム山梨
2004
個展/ペーチ市美術館ハンガリー
2005
A MUSE LAND展/北海道立近代美術館北海道
The Common Garden展/Manggaポーランド/Central Museumポーランド
2006
国際ペーパービエンナーレ・オランダ/CODA美術館オランダ/ライスワーク美術館オランダ
2007
BIWAKOビエンナーレ/近江八幡カネ吉別邸滋賀
東京芸大創立120周年記念公演
オペラ白狐岡倉天心作 舞台美術/旧東京音楽学校奏楽堂東京
2009
2人展/Rue de Thorignyフランス
まちがミュージアム/富士吉田市内古民家山梨
博物館から覚醒するアーティスト達/福島県立博物館福島
2010
妙心寺展 梵鐘設営のための装飾/九州国立博物館福岡
個展/ギャラリーSUGATA京都

【受賞歴】
1996 国際掌中新立体造形展 準大賞日本
1998 第9回国際タピストリー・トリエンナーレ 大賞、
美術館賞ポーランド
リリアン・エリオット賞米国
2000 第9回国際レース・ビエンナーレ ファビオラ女王大賞ベルギー

【パブリックコレクション】
Museum of Art and Design formely American Craft Museum/New York米国
Museum of Costume and Lace/Brusselベルギー
感覚ミュージアム/岩出山宮城
西武百貨店/有楽町東京
福島県立美術館/福島福島

 

 

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団

開催中

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦

次回予告

2019/10/12 − 11/10  |  10:00-20:00   |  休館日 10/15

近藤聡乃展 呼ばれたことのない名前

Kondoh Akino Exhibition: Never Before Named