Fujiwo Ishimoto

石本藤雄展

布と陶に咲く花

会期/開館時間

2010年8月28日 − 10月11日
10:00 - 20:00
休館日 9月21日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下無料
  • アルティアムカード会員無料

Photo : Katsuhiro Ichikawa CSPIRAL/Wacoal Art Center

marimekkoのテキスタイルデザイナー、石本藤雄の九州初個展

三菱地所アルティアムでは、フィンランドでテキスタイルと陶芸の作品を制作し続ける石本藤雄の九州初個展を開催いたします。
石本は、1974年から2006年までフィンランド・マリメッコ社のテキスタイルプリントデザイナーとして在籍、以来マリメッコ社において「lepo(休憩)」「taiga(草原)」など数多くのヒット作を発表してきました。フィンランドの広大な自然をテーマにしながらも、日本的な美意識を感じさせるテキスタイルデザインで独自のスタイルを確立。94年にはフィンランドで権威あるカイ・フランク賞を受賞するなど北欧を代表するデザイナーとして、国際的に評価され、フィンランドのテキスタイルアートの歴史に名を残しています。

テキスタイル同様、自然を見つめ鮮やかな色を追求する“花”の陶芸作品たち
その後石本が陶芸を始めたのは1989年。1年間、陶器メーカーのアラビア社に客員アーティストとして陶芸に携わった後、1991年に渡米も経験。以来、現在に至るまでヘルシンキにあるアラビア社のアート部門にて作品を制作しており、陶芸の世界においても新たな新風を吹き込んでいます。 石本は、「布と土に共通して、クリエイションの興味の中心にいつも“色”を置いている。的確な色と、色の世界を見つけることは、私にとって非常に大切なことである」と語っています。フィンランドと日本、テキスタイルと陶器、ジャンルを越えた石本の鮮やかな自然の“色”の世界は大胆でありながら繊細さが同居しています。
本展では、「Uniflora」展(フィンランド・ヘルシンキ/デザインミュージアム/2008年夏開催)にて発表された陶芸の花の作品や新作を含む陶芸作品数十点に加え、これまでに手掛けたテキスタイルの作品約30点も展示します。
満開の花々や木漏れ日を感じさせる草原の情景のように、豊かで伸びやかな石本のテキスタイルと陶芸の世界。国境、表現ジャンルを軽やかに越えた、フィンランドと日本を繋ぐデザイナー石本藤雄の九州初個展に是非お越し下さい。

10-06c-ishimoton

Photo : Katsuhiro Ichikawa CSPIRAL/Wacoal Art Center

gray

KesantoFallow 休閑地 CMarimekko Corporation

10-06e-ishimoton

Suuri TaigaGreat Taiga 大草原 CMarimekko Corporation

10-06b-ishimoton

Photo : Katsuhiro Ichikawa CSPIRAL/Wacoal Art Center

Fujiwo Ishimoto/石本藤雄

1941年愛媛県生まれ
東京芸術大学 グラフィック・デザイン専攻
1964-1970年
市田株式会社 宣伝課 広告デザインを手がける
1970-1974年
ヘルシンキのディセンバーにデザイナーとして在籍
1974−2006年
マリメッコ社 テキスタイルプリントデザイナーとして在籍
1989–
アラビア社アート部門において陶芸作品の制作を開始
フィンランド政府の工芸工業賞や、特に成果の高かったデザイナーに授与されるカイ・フランク賞など受賞歴多数

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
協力:Desigh Museum,Helsinki、ARABIA Art Department Society、
Marimekko Corporation,coordinator Sonoko Fujii
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団
フィンランド大使館、フィンランドセンター
企画協力:スパイラル

開催中

2019/11/16 − 12/15  |  10:00-20:00  

氷室友里のテキスタイル展

TEXTILE PLAY GROUND

次回予告

2019/12/21 − 2020/1/26  |  10:00-20:00   |  休館日 12/31、1/1

音と旅する鉱物展

九州大学総合研究博物館コレクション