森村泰昌

美術史への誘い

会期/開館時間

2012年6月30日 − 7月29日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員無料

肖像娘Ⅱ1988CYasumasa Morimura

ARTIUM特別編集-名画その他シリーズの視点から-

芸術選奨文部科学大臣賞、毎日芸術大賞、2011年には紫綬褒章を受賞するなど、日本を代表する現代美術家・森村泰昌。三菱地所アルティアムにて福岡初個展!会場オリジナルの展示構成で「名画」と「その他」の世界に誘います。

森村泰昌は、1985年、ゴッホの自画像にみずからが扮して撮影するという、セルフポートレ−ト手法による大型カラー写真を発表以降、現在に至るまで一貫してセルフポートレ−ト表現を追求しています。その作品は1988年のベネツィア・ビエンナーレへの出展以降、国内外で高い評価を得ており、日本を代表する美術家として活躍しています。

福岡初個展となる本展では、ゴッホ、マネ、ピカソ、セザンヌなど名画の登場人物に扮して撮影した 「美術史」シリーズの作品約20点を中心に展示し、森村名画の世界へと誘います。また、実験的な魅力の「その他」シリーズより約27点の写真作品、オブジェ、映像作品を展示します。

なかでも新作の石膏像に扮した立体作品は、本展に合わせて制作する作品であり、「その他」シリーズ最新作となっています。さらに新作石膏像を使って、会場内で作家初の公開制作を行い、作家の手によって作品が生まれ変わる瞬間をお楽しみいただけます。
特別な展示構成と意欲的なイベントで開催するこの機会に、名画への敬愛と自由な発想に満ちた森村泰昌の世界観をどうぞご堪能下さい。

代表作、「美術史」シリーズの魅力。
ゴッホの肖像画に扮する「肖像/ゴッホ」(1985年)以来、 約20年間にわたり続行されている代表的なシリーズ。西洋の名画(マネ、セザンヌ、クラナッハ、レンブラント、レオナルド・ダ・ヴィンチ、フリーダ・カーロなど)になりきるにあたって、絵の構成や背景の物などに至るまで詳細なリサーチを重ね、ライティングやフェイスペインティング、合成やCGなども利用して人物配置、色調、光の位置などまで再現しています。
「美術史」シリーズは、美術史への深い愛情と飽くなき追求心が同居しており、描かれた対象に近づこうとする一人の芸術家の姿がより鮮明に浮び上がります。

森村泰昌の「その他」シリーズとは?
「その他」シリーズには、手焼きプリントによる小品やオブジェなど、なかなか目にすることのできない珍しい作品が多く含まれています。これらは森村の美術史や女優をテーマとする代表的なシリーズとは一線を置かれ、長きにわたって「その他」の作品と位置づけられてきました。
しかし、こういった例外的な作品であればこそ、自由で実験的な表現も可能となり得ます。「その他」の作品群には、主要な作品にはない未知数で自由な想像力に溢れています。こうした「その他」の作品と「主要」な作品の総体こそが作家の全体像であり、それらは互いに不可分なものと言えるでしょう。

「その他」シリーズ最新作の石膏像に扮した立体作品、初公開!!

12-04e-morimuran

鼻つき洋梨と手のだぶらかし2010CYasumasa Morimura

12-04f-morimuran

ポートフォリオASHI1995CYasumasa Morimura

12-04b-morimuran

批評とその愛人41989CYasumasa Morimura

12-04c-morimuran

花の中のフリーダ/イバラの首飾り2002CYasumasa Morimura

12-04d-morimuran

肖像ゴッホ/小1985-1992CYasumasa Morimura

Profile 森村泰昌/Yasumasa Morimura

1951年大阪生まれ。京都市立芸術大学美術学部卒業。絵画、童話、版画、モノクロ写真などによる試行錯誤を経て、1985年、ゴッホの自画像に自らが扮して撮影するという、セルフポートレイト手法による大型カラー写真を発表。
現在に至るまで、一貫してセルフポートレイト表現を追求してきた。
1988年、ベネチアビエンナーレ/アペルト部門に選ばれ、一躍注目される。
以降、海外、国内とも多数の個展、展覧会に出品。古今東西の有名絵画の中の登場人物になる美術史シリーズ、映画女優に扮する女優シリーズなどを手がけるほか、映画や芝居、パフォーマンスなど多方面に活躍中。
公式ホームページ 森村泰昌芸術研究所 http://www.morimura-ya.com/

<主な個展>
2010年:モリエンナーレ まねぶ美術史現在全国巡回中
2010年:なにものかへのレクイエム 戦場の頂上の芸術 2011年まで巡回:広島市現代美術館/広島、東京都写真美術館/東京、兵庫県立美術館/兵庫、豊田市美術館/愛知
2007年:森村泰昌 美の教室、静聴せよ横浜美術館/横浜
2005年:自分をめぐる物語砺波市美術館/富山
2002年:森村泰昌写真展 女優家M の物語川崎市民ミュージアム/神奈川
2001年:私の中のフリーダ/森村泰昌のセルフポートレート原美術館/東京
1998年:空装美術館ー絵画になった私東京現代美術館/東京

<受賞歴>
2011年:紫綬褒章
第52回毎日芸術大賞
2007年:芸術選奨文部科学大臣賞
2006年:京都府文化賞功労賞
2003年:織部賞
2002年:東川賞

<著書>
2010年:露地庵先生のアンポン譚 新潮社
2008年:超・美術鑑賞術/ お金をめぐる芸術の話 ちくま学芸文庫
2007年:美しいってなんだろう?―美術のすすめ 理論社
2005年:時を駆ける美術 知恵の森文庫
2001年:まあ、ええがなのこころ 淡交社
美術の解剖学講義 ちくま学芸文庫
2000年:空想主義的芸術家宣言 岩波書店
1998年:踏みはずす美術史 講談社現代新書
芸術家Mのできるまで 平凡社   ほか多数

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団
協力:シュウゴアーツ
企画協力:Akio Nagasawa Publishing

開催中

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太

次回予告

2017/10/7 − 11/5  |  10:00-20:00   |  休館日 10/17

諏訪 敦

2011年以降/未完