チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち

会期/開館時間

2012年8月4日 − 9月17日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員無料
  • 福岡アジア美術館おいでよ!絵本ミュージアム2012・西鉄ホール天神ホラーハウス~第2章~チケット提示で100円割引

劇場版チェブラーシカ2010 年より マケット電話ボックスファンゴ・エンタートイメント
Ⓒ2010 Cheburashka Movie Partners/
Cheburashka Project

ロシアの国民的キャラクターチェブラーシカ。 愛らしく、いとおしく、もの哀しい、傑作人形童話の魅力に迫る展覧会!

ある日オレンジの箱に入って、南の国からロシアにやってきた不思議な生き物チェブラーシカ。1966年に童話『ワニのゲーナとおともだち』にて初登場し、1969年に人形アニメの巨匠ロマン・カチャーノフの監督によりアニメーション化され、ロシアで絶大な人気を誇る国民的キャラクターとなりました。大きな耳と茶色の毛、つぶらな瞳が特徴で、無邪気でひたむき、愛らしくて、でもどこか哀愁を帯びたチェブラーシカは、日本でも幅広い層に親しまれています。

本展では、人形アニメ『チェブラーシカ』の創作過程やキャラクターとしてのあゆみを貴重な作品を通して多面的に紹介します。第1部では原作となった児童書の挿絵原画から多彩なチェブラーシカの姿を誕生から追い、第2部では人形アニメーション化に向けたスケッチや絵コンテを展示するとともにキャラクター展開にも焦点を当てます。第3部は、映画撮影に使用された人形やマケット(舞台装置)、ビデオ絵コンテなどを映画抜粋版映像とあわせて展示します。様々な作り手たちが想いを込めた『チェブラーシカ』の軌跡をご覧頂けることでしょう。また、第4部では、本年がロシア・アニメの生誕100年に当たるのを記念して、ロシア・アニメの名作『雪の女王』(1957年、レフ・アタマーノフ監督)をはじめ、現在活躍中の新進気鋭のロシア・アニメの作家たちの原画、アニメ素材なども合わせて紹介します。様々な作品を通して、アニメーションが持つ創造性、表現の奥深さをお楽しみ下さい。

関連イベントでは、ソ連時代独特の質感にファンが多い、ロマン・カチャーノフ監督によるオリジナル版の人形アニメ『チェブラーシカ』を特別上映会として展示室内で上映します。また、日本を中心に制作され2010年に公開された(27年ぶりの新作)『劇場版チェブラーシカ』や、日本のアニメーション作家たちに大きな影響を与えた『雪の女王』の上映会も実施し、大人から子どもまでアニメーションの魅力にどっぷり浸って頂けます。さらに、自分の手でアニメーションを生み出す楽しみを体感できるよう、福岡在住クリエイターたちのオリジナルワークショップも開催致します。夏休みとなるこの機会に幅広い世代のみなさまにお楽しみ頂ければ幸いです。

12-05c-chebn

ロマン・カチャーノフ
ヘリコプターとチェブラーシカとゲーナ
スケッチ制作年不明

12-05b-chebn

ワニのゲーナとおともだち絵本
初版1966年

epson-mfp-image

タチヤーナ・ウスヴァイスカヤ
チェブラーシュカ 
ワニのゲーナとおともだち
絵本挿絵・原画2002年

12-05e-chebn

劇場版チェブラーシカ2010年より
ミハイル・アンダーシン
丘の上のチェブラーシカとゲーナ
Ⓒ2010 Cheburashka Movie Partners/
Cheburashka Project

《チェブラーシカについて》

ロシアの児童文学作家、エドゥアルド・ウスペンスキーの物語を原作に、ロマン・カチャーノフ監督が1969 年ワニのゲーナとして映画化した人形アニメーションです。何度抱き起こしても倒れてしまうことからロシア語の“ばったり倒れ屋さん”の意味で名付けら れたチェブラーシカは、アテネオリンピック以降、ロシア選手団の公式キャラクターとなるなど世界中で親しまれています。
日本では2001 年のミニシアターでの公開を皮切りに、大人から子どもまで幅広く愛されています。2010 年にロシアの二人の美術監督と日本人の中村誠監督による新作映画が公開されました。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:ロシア文化フェスティバル組織委員会、ロシア連邦文化省、駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦協力庁、国際アニメーションフィルム協会ASIFA 日本支部、福岡県、福岡市、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団、九州朝日放送、RKB毎日放送、FBS福岡放送、TNCテレビ西日本、TVQ九州放送、福岡県私立幼稚園振興協会、福岡県国公立幼稚園協会、福岡県PTA連合会、福岡市子ども会育成連合会、福岡市PTA協議会
協力:チェブラーシカ・プロジェクト、フロンティアワークス、ロシア国立映画博物館、公益財団法人 徳間記念アニメーション文化財団、平凡社
企画協力:株式会社イデッフ

開催中

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太

次回予告

2017/10/7 − 11/5  |  10:00-20:00   |  休館日 10/17

諏訪 敦

2011年以降/未完