塩田千春 他者である私

SHIOTA Chiharu Me as Others

会期/開館時間

2012年9月22日 − 10月15日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員無料

Dialogue with Absence 《不在との対話》2010
cChiharu Shiota
 Christophe Gaillard Pop-up Gallery,Berlin

ベルリンを拠点に、欧州、欧米、アジア、日本など各国で精力的に活動し、現在最も注目を集める現代美術家の一人である塩田千春の九州初個展!

この度、三菱地所アルティアムでは、衣服や窓、ベッドなどを素材に、個人的な記憶や想いをインスタレーションなどで表現する現代美術家、塩田千春の展覧会を開催する。

 大規模な国際展への召喚、国内外の国立美術館や海外の著名なコレクションに所蔵されるなど、国際的に高い評価を受けている塩田千春。衣服、窓、ベッドなどを素材とした作品は人々の夢や記憶を喚起し、2001年、横浜トリエンナーレに出展された作品【皮膚からの記憶】により日本においてその作品が広く知られるきっかけとなる。

 2008年に、優れた芸術活動を行う大阪出身のアーティストに贈られる「咲くやこの花賞」、続いて芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭などの国際展への出品、多数の個展開催とグループ展への精力的な参加のほか、金沢21世紀美術館、新国立劇場での劇団チェルフィッチュの舞台美術など、その活動はさらなる広がりを見せている。

 本展では、現在の塩田が感じている人間の実存について、『家』をモチーフにした新作のインスタレーションを公開する。また、血液を思わせる赤い液体と衣服を素材としたインスタレーションやパフォーマンス写真、新作のドローイングも合わせて展示。本展のテーマである《他者である私》について、塩田は次のように述べている。「私であり私でないような感じ。異国に住むと何故か《他者である私》を感じざるを得ないのです。」1996年から欧州に住み、移動を繰り返す日々と故郷への想い。新作のインスタレーションはこのような想いから創作される。
 さらに会期中に、演劇作家、小説家であり、劇団チェルフィッチュ主宰の岡田利規による朗読会を開催。日常に漂う不安や時代を鮮やかに表現してきた2人のコラボレーションは、より多角的に作品を味わう機会となるだろう。

12-06b-shiotan

Dialogue with Absence 《不在との対話》2010
cChiharu Shiota
 Christophe Gaillard Pop-up Gallery,Berlin

12-06c-shiotan

Dialogue with Absence 《不在との対話》2010
cChiharu Shiota
 Christophe Gaillard Pop-up Gallery,Berlin

12-06d-shiotan

during sleep《眠っている間に》2002cChiharu Shiota

12-06e-shiotan

becoming paint《絵になること》1994cChiharu Shiota

塩田千春 略歴

1972年 大阪生まれ ベルリン在住
カリフォルニア芸術大学客員教授
京都精華大学客員教授
1999-2003 ベルリン芸術大学UDK
1997-1999 ブラウンシュバイク美術大学HBK
1993-1994 オーストラリア国立大学ANU キャンベラスクールオブアートに交換留学生として留学
1992-1996 京都精華大学洋画科

主な国内での個展・グループ展
■個展
2012 私たちの行方 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館香川
2009 流れる水 発電所美術館富山
2008 精神の呼吸 国立国際美術館大阪
2007 沈黙から 塩田千春展&アート・コンプレックス2007 神奈川県民ホールギャラリー神奈川
2005 塩田千春展 精神が形になるとき 京都精華大学ギャラリーフロール京都
2004 塩田千春展 In Silence 広島市現代美術館広島
■グループ展
2012 アジアをつなぐ -境界を生きる女たち 1984-2012 福岡アジア美術館福岡
生きる場所-ボーダーレスの空へ 熊本市現代美術館 熊本
2011 Inner Voiceー内なる声 金沢21世紀美術館 石川
2010 あいちトリエンナーレ2010 -都市の祝祭- 名古屋
瀬戸内国際芸術祭2010 -アートと海を巡る百日間の冒険- 香川
椿会展2010 Trans-Figurative 資生堂ギャラリー 東京
水浴考 東京国立近代美術館 東京
2009 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009 新潟
タトゥー 舞台美術〈原作:デア・ロアー 演出:岡田利規〉新国立劇場東京
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009 新潟
愛についての100の物語 金沢21世紀美術館石川
椿会展2009 Trans-Figurative 資生堂ギャラリー東京
2008 プラットフォーム 金沢21世紀現代美術館石川
椿会展 2008 Trans-Figurative 資生堂ギャラリー東京
2007 奏でる身体 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館香川
リアルのためのフィクション 東京国立近代美術館東京
2006 縄文と現代2つの時代をつなぐかたちこころ 青森県立美術館青森
愉しき家-現代の表現に見る家 愛知県美術館 愛知
私のいる場所 新進作家vol.4 ゼロ年代の写真論  東京都写真美術館東京
2005 第3回福岡アジア美術トリエンナーレ2005 多重世界 福岡アジア美術館福岡

■受賞歴
2009 京都精華大学 卒業生功労賞 受賞
Docks Art Fair モンブラン賞 受賞
2008 平成19年度  芸術選奨 文部科学大臣新人賞 受賞
平成19年度 咲くやこの花賞美術部門 受賞

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
協力:KENJI TAKI GALLERY

開催中

2017/11/11 − 12/3  |  10:00-20:00  

Local Prospects 3

原初の感覚

次回予告

2017/12/9 − 2018/1/14  |  10:00-20:00   |  休館日 12/31、1/1

鈴木マサルのテキスタイル展

目に見えるもの、すべて色柄