東松照明 時を削る

会期/開館時間

2013年6月1日 − 7月7日
10:00 - 20:00
休館日 6月18日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • ()は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・イムズカード三菱地所グループCARD会員無料

《太陽の鉛筆》1971年/2010年  沖縄・波照間

戦後写真界の巨人が挑んだデジタル大判出力 約50年間に及ぶ各年代の代表作が一堂に

2012年12月14日、写真家、東松照明がこの世を去りました。東松は戦後写真界の巨人と称され、常に新しい取り組みを発表し続けてきました。1959年に奈良原一高、細江英公らと設立したセルフ・エージェンシー“VIVO”、1974年に森山大道、荒木経惟らと開校した“WORKSHOP写真学校”などの影響は大きく、東松は現在に至るまで日本の写真表現を牽引する存在であり続けました。
本展覧会は、2010年に発表された東松初のデジタル大判出力作品(幅42インチ/約106cm)と、同時期に綴られた文章で構成します。東松は、2002年にいち早くデジタル出力の作品を発表。より質の高いプリントを目指して自身のスタジオで日々試行錯誤を続けてきました。そして、プリンターの技術的な進歩により、満を持して大判に取り組むことを決意。1950年代の初期のモノクロ作品から1990年代末まで、約50年間の各年代の代表作を自ら選びプリントしました。デジタル出力という技術を得て以降、東松はますますテクスチャー(質感、肌触り)の表現に力点を置くようになり、沖縄での最後の集大成展「太陽へのラブレター」(2011年)においても、新鮮な輝きに満ちた質感溢れる世界を大判プリントにて表現しました。本展覧会出品作は、その先駆けであったとも位置付けられるでしょう。東松作品の世界、そしてその表現を存分に感じ取っていただける作品にご期待ください。

13-03b-tomatsun

《サーカスのジンタ》1952年/2010年 名古屋

13-03c-tomatsun

《姉妹》1955年/2010年 東京

13-03d-tomatsun

《ブリージング・アース》1997年/2010年 長崎・諫早湾

13-03f-tomatsun

《敗戦の記憶》1959年/2010年 愛知・豊川海軍工廠跡

プロフィール

13-03e-tomatsuN東松 照明とうまつしょうめい
1930年 愛知県名古屋市生まれ。
1954年 愛知大学法経学部卒業。
岩波写真文庫スタッフとなる。~1956年
1961年 土門拳らとの共著hiroshima-nagasaki document 1961刊行。
第5回日本写真批評家協会作家賞受賞。
1975年  写真集太陽の鉛筆で日本写真家協会年度賞受賞。
1976年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1995年 紫綬褒章受章。
1998年 長崎市に移住。
2010年 那覇市に移住。
2012年 12月14日逝去、享年82。
主な個展に、メトロポリタン美術館1992、東京国立近代美術館1996、東京都写真美術館1999長崎マンダラ2000以降の日本曼荼羅シリーズ、世界巡回の回顧展Skin of the Nation2004-2007など。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、 公財福岡市文化芸術振興財団
プリント協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

まもなく開催

2019/7/20 − 8/25  |  10:00-20:00  

ひびのこづえ展

「みる・きる・つくる」

予告

2019/8/31 − 10/6  |  10:00-20:00  

世界を変える美しい本

インド・タラブックスの挑戦