記憶のスキャン:袁廣鳴のビデオアート1992-2014

Scanning Memories: Yuan Goang-ming's Video Art 1992- 2014

会期/開館時間

2014年9月6日 − 10月5日
10:00 - 20:00
休館日 9月16日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • ()は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・イムズカード三菱地所グループCARD会員無料
  • 福岡アジア美術館第5回アジア美術トリエンナーレ2014、キャナルシティ博多ほかアジアフォーカス・福岡国際映画祭2014、九州国立博物館特別展台北 國立故宮博物院―神品至宝―のチケット提示で100円割引

《消えゆく風景̶−葉である理由》2007 年
動態デジタル・イメージ 9 分
courtesy of Yuan Goang-ming

三菱地所アルティアムでは、台湾をはじめ、国際的に高く評価されるアーティスト袁廣鳴(ユェン・グァンミン)の個展を開催いたします。ビデオアートのパイオニアとして表現の地平を切り開いてきた袁の初期作品から2014年に制作された最新作品《エネルギーの風景》、《占領第561時間目》まで、9つの代表的な作品とビデオ・ドキュメンテーションによって創作を辿ります。 また、本展と同時期には福岡アジア美術館「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」、九州国立博物館「特別展 台北 國立故宮博物院ー神品至宝ー」が開催されます。アジアのアートに注目が集まる中、アルティアムから台湾現代美術のトップランナーの代表作品をミニ・レトロスペクティブ(回顧展)形式を用いて発信します。

Flyer written in both Japanese and English (PDF)

==================================

袁廣鳴の作品は、常に個人的な日常生活を出発点としてきた。袁の制作は、まず心の中にある何かを捉えるために、極力頭を使わないように努力するところから始まる。手を動かしてみる。 風景を見に行ってみる。そうして体感するものを、映像に落とし込んでいく。木工や鉄工を駆使した手作りの撮影装置をはじめ、想像を絶するアナログ/デジタルな作業の積み重ねが、作品を支えている。袁は、いったん彼の頭の中を通して処理されたコンセプトを、作品をとおして提示するのではなく、言葉にならない感覚を、鑑賞者に出来るだけ直接そのまま引き渡したいと考えている。それが、作品制作のプロセスにも表れているのである。

袁廣鳴がここ七年ほど取り組んでいるケーブルカムによる直線移動の映像がある。実際に見ないとなかなかわからないかもしれないが、これは、2D映像に空間の要素を大きく取り込み、目や頭による理解を超えた、鑑賞者の身体的な映 像体験を強く促す、袁独特の映像形式である。彼のこういったフィジカルなものを取り込もうとする映像制作の態度は、初期から一貫している。投影された金魚がただ皿の中で泳ぐだけの《フィッシュ・オン・ディッシュ》(1992)が印象的なのは、そこに私たちの身体記憶が再生されるからである。また、《微笑む木馬》(2012)のように、映像に実体を組み合わせる方法も、特徴的である。そのほか、魚、鳥、海、森林など、自然のイメージが頻繁に現れる一方、袁の描く都市のイメージは無人であったり、或いは廃墟であったりと、どこかいびつである。最先端のデジタル技術を駆使しながらも、作品には常に文明批判的な要素があることも、袁作品のひとつの特色であるといえる。

今年になって、袁廣鳴が発表した《エネルギーの風景》や《占拠第561時間目》は、どちらも政治的な題材を取り上げている。ただ、これを路線の変化と捉えるとしたなら、それは少し違う。袁の作品はこれまでも、有名なフェミニズムのスローガンが示すように、個人的であると同時に政治的な意味も孕んできたからだ。例えば、袁の作品の多くは、台湾の作家龍応台(ロン・インタイ)が「台湾海峡1949」で描いた、激しい抗日戦、それに続く国共内戦を生き抜き、戦後中国から台湾に渡った多くの庶民の歴史とも呼応している。そのひとり、袁の山東省出身の父親は、彼が芸術制作の道に入るのに決定的な影響を与えた人物である。袁が七歳の頃から男手ひとつで袁を育て、2009 年に他界した。実際に作品に登場するのは一度きり《消えゆく風景̶ 経過 I》(2007)であるが、鳥かごや西門町など、ほかにも実は、多くの父と関連するイメージが現れることは、作家本人も認めている。当展のクライマックス《消えゆく風景̶経過 II》(2011) では、亡き父の書斎が再現され、鳥かごの中の鳥がパタパタと羽ばたく。

袁廣鳴は、私たちの記憶の細部を丁寧にスキャンする。映像は、空間や観客の体験と結びつき、より触知的な鑑賞体験を形成する。そしておそらく、最も私たちの普段の記憶の形成に近い方法で、多くの情報が潜在意識の底にしまい込まれ、静かに再び浮上する時を待つ。それは、これまでの現代美術の演繹法的制作法とは、かなり違うありかたなのではないか。その答えはこれから、観客ひとりひとりが見いだすことになるだろう。
(岩切澪:アートライター /台湾現代美術研究)

a69

《都市失格ー西門町》2002年
デジタル加工写真 印画紙
courtesy of Yuan Goang-ming

2014_yuan05

《かざぐるま》2013年
ビデオ・インスタレーション 26秒
courtesy of Yuan Goang-ming

2014_yuan06

《エネルギーの風景》2014 年
シングル・チャンネル・ビデオ 8 分
courtesy of Yuan Goang-ming

2014_yuan07

《占領第561時間目》2014年
シングル・チャンネル・ビデオ 6分
courtesy of Yuan Goang-ming

2014_yuan02

《消えゆく風景̶葉である理由》2007 年 動態デジタル・イメージ 9 分courtesy of Yuan Goang-ming

袁廣鳴 /ユェン・グァンミン

1965年台湾・台北生まれ、台北在住。国立芸術学院現国立台北芸術大学を経て1997年ドイツ国立カールスルーエ造形大学修士号取得。1990年代半ばより国際的に活躍。過去に参加した国際展に、光州ビエンナーレ1995、2002、台北ビエンナーレ1998、2002、ベネツィアビエンナーレ台湾館2003、リバプール・ビエンナーレ2004、シンガポール・ビエンナーレ2008、 アジア・パシフィック・トリエンナーレ2012 などがある。日本ではICCビエンナーレ1997、恵比寿映像祭2012、堂島ビエンナーレ2013消失の痕跡エスパス ルイ・ヴィトン東京、2014、第5回福岡トリエンナーレ2014などで紹介されている。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社  
企画協力:モマ・コンテンポラリー
協力:新北市政府文化局、TKG+ 
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団

開催中

2016/7/9 − 8/28  |  10:00-20:00  

安野光雅のふしぎな絵本展

次回予告

2016/9/3 − 9/25  |  10:00-20:00  

石川竜一

okinawan portraits 2012-2016