荒木経惟 「左眼ノ恋」

Nobuyoshi Araki : Love on the Left Eye

会期/開館時間

2014年10月11日 − 11月24日
10:00 - 20:00
休館日 10月21日、11月11日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • ()は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・イムズカード三菱地所グループCARD会員無料

荒木経惟左眼ノ恋2014 RP-Pro クリスタルプリント
CNobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

天才アラーキー、11年ぶりの福岡で個展開催
最新シリーズ左眼ノ恋を中心に、現在の
荒木経惟作品を紹介します

三菱地所アルティアムでは、天才アラーキーの愛称で親しまれる国際的な写真家、荒木経惟(あらき・のぶよし)の福岡では11年ぶりとなる個展を開催いたします。

荒木は1964年子供の姿を追った「さっちん」で太陽賞を受賞しデビュー。その後、1971年に妻・陽子との新婚旅行の道程を撮影した写真集『センチメンタルな旅』により、作家の日常を日記のように記録する〈私写真〉と呼ばれる新しい写真表現を切り拓き、人気を博します。過激なヌード作品なども次々に発表、写真界のみならず社会をも揺るがす存在として広く認知されるようになりました。そして2000年以降、人生において様々な困難を経験し、それらの経験を制作の糧に新たな境地を開拓していくこととなります。

2000年代、前立腺癌を発症し、2009年には摘出手術を経験。翌年には『愛しのチロ』の出版など被写体としても多く撮りおろしてきた愛猫チロの死、2011年には東日本大震災を迎えます。さらに2013年には、網膜中心動脈閉塞症のため右眼の視力を突如失うという写真家にとって過酷な現実に直面します。しかし旺盛な制作意欲は失われることなく、今年2014年4月に豊田市美術館を皮切りとした過去最大級の回顧展で、会場毎にサブテーマを設け、原点から現在まで俯瞰する展示に挑み話題を呼んでいます。

本展は、右眼失明を糧に作家が辿り着いた最新シリーズ「左眼ノ恋」より数十点の写真作品と近年の作品を紹介するものです。「左眼ノ恋」は、ポジの右半分を黒く塗りつぶしてプリントされた作品や、左右2枚組で右側だけフォーカスを外して光のハレーションを捉えた作品で構成されます。それは写真とともに人生を歩み続けている荒木の“いま”の視界を投影したものであり、その左眼に写る鮮明な光景と右眼の翳りある光景の対比は、まさに作家がこれまで撮り続けてきた〈生と死(エロスとタナトス)〉の本質に迫るものと言えるでしょう。この機会に荒木経惟の力強い生命力に溢れる世界観をご鑑賞いただければ幸いです。

arakinobuyoshi002

荒木経惟左眼ノ恋2014 RP-Pro クリスタルプリント
CNobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

arakinobuyoshi003

荒木経惟左眼ノ恋2014 RP-Pro クリスタルプリント
CNobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b0%8f

作家ポートレート Nobuyoshi Araki
Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

《プロフィール》

荒木経惟 Nobuyoshi Araki

作家ポートレート Nobuyoshi Araki Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

作家ポートレート Nobuyoshi Araki
Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科卒業後、電通に入社し写真部に所属する。1964年、さっちんで第 1 回太陽賞を受賞。1971年、妻陽子との新婚旅行を写したセンチメンタルな旅を限定1000部で自費出版。以降、妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、飼い猫、様々な被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立し、日本を代表する写真家として内外で高い評価を受けている。おもな個展に荒木経惟写真集展アラーキーIZU PHOTO MUSEUM静岡、2012私・生・死 バービカン・アートギャラリーロンドン、2005花人生東京都写真美術館東京、2003Suicide in Tokyoジャルディーニ・ディ・カステッロヴェニス、2002Tokyo Still Lifeイコン・ギャラリーバーミンガム、2001Nobuyoshi Arakiゲント市現代美術館ゲント、2000荒木経惟 センチメンタルな写真、人生東京都現代美術館1999Tokyo Comedyウィーン・セセション、ウィーン、1997荒木経惟・私日記カルティエ財団現代美術館パリ、1995アクト・トーキョー1971-1991フォルム・シュタットパルクグラーツ、1992がある。日本写真協会・年度賞1990、オーストリア科学・芸術勲章2008、第54回毎日芸術賞・特別賞2012、第 6 回安吾賞2012を受賞。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
協力:AaT ROOM、タカ・イシイギャラリー、株式会社アマナサルト
企画制作:Toshi Shibata+Hikotaro Kanehira

まもなく開催

2016/9/3 − 9/25  |  10:00-20:00  

石川竜一

okinawan portraits 2012-2016

予告

2016/10/1 − 10/30  |  10:00-20:00   |  休館日 10/18

都築響一 僕的九州遺産

My private Kyushu