鈴木康広展「近所の地球|宇宙の黒板」

会期/開館時間

2015年4月25日 − 5月17日
10:00 - 20:00

会期中休館日なし

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • ()は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・イムズカード三菱地所グループCARD会員無料

《気球の人》
©Yasuhiro Suzuki

身近な発見から生み出された作品に触れ、近所の地球を感じる

普段は意識していないがもっともそばにある“地球”。鈴木康広は、誰にとっても身近なモノや感覚、自然現象から見出した発見を作品へと昇華し、“地球”という大きな存在とわたしたちとのつながりを感じさせてくれます。鈴木は2001年にNHK「デジタル・スタジアム」で映像インスタレーション《遊具の透視法》で最優秀賞を受賞し、アーティストとして歩み始めました。瀬戸内国際芸術祭2010で発表された《ファスナーの船》は高校美術の教科書に掲載され、近年は浜松市美術館、水戸芸術館、金沢21世紀美術館などで個展を開催し注目を浴びています。さらに、展覧会のほかにも、地域や大学、企業などとのコラボレーションも展開し活動の幅を広げています。

今回の展覧会は、2005年に三菱地所アルティアムとイムズプラザを舞台に開催された「水平線の消息」以来、福岡では10年ぶりの個展です。2005年以降のものを中心に、鈴木の作品を一堂に集めてご紹介します。本展は「近所の地球=人間にとって身近でありながら、身体感覚を超えた大きなもの」という鈴木にとって芯となる考えを展覧会タイトルに含んでいます。彼がアイデアを書き留めるノートの1ページに「近所の地球」と記したのは、2001年。アーティストとしての活動のごく初期のことです。そこから年輪を重ねるように発展してきた作品は、時間、空気、水、からだなど様々なテーマを持ちながらも、身体と記憶に訴えかける力を携え、一貫性を持って展開されています。当たり前のことに気づくきっかけが、作品の中に潜んでいることでしょう。

同時開催
鈴木康広の作品がイムズ館内・吹き抜けにも登場します!ご期待ください。

2015_suzuki02

《地平線を描く鉛筆》
©Yasuhiro Suzuki
撮影:青木遥香

2015_suzuki03

《日本列島の方位磁針》
©Yasuhiro Suzuki

2015_suzuki04w

《ファスナーの船》
©Yasuhiro Suzuki

2015_suzuki00

photo: Keizo Kioku
courtesy: 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

プロフィール

鈴木 康広すずき やすひろ

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。
東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手などを経て
2013年より東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員、
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授。
2014毎日デザイン賞受賞。

 

 

主な個展
2005年 三菱地所アルティアム水平線の消息
2008年 IERIMONTI GalleryミラノAerial Being
2011年 原美術館募金箱公開記念特別展示
浜松市美術館  BORDER-地球、まばたき、りんご、僕
2014年 水戸芸術館現代美術ギャラリー近所の地球
金沢21世紀美術館鈴木康広見立ての実験室

主な著書
まばたきとはばたき青幻舎近所の地球青幻舎より2015春発刊予定

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、イムズ、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
協力:アートプランニングレイ、東京大学生産技術研究所試作工場、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野、株式会社メディアタージ

開催中

2016/12/3 − 2017/1/22  |  10:00-20:00   |  休館日 12/31、1/1

岡崎京子展

戦場のガールズ・ライフ

次回予告

2017/1/28 − 3/12  |  10:00-20:00   |  休館日 2/21、2/22

鹿児島睦の図案展

Makoto Kagoshima ZUAN Exhibition