Local Prospects

―海をめぐるあいだ

会期/開館時間

2015年11月14日 − 12月6日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • ()は前売料金/チケットぴあ
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

画像上から
山内光枝《Human Seascape|海の目》2015年
山城知佳子《アーサ女》2008年©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Hsu Chia Wei《Marshal Tie Jia - Turtle Island》2012年 video, photograph, letter

地域の表現に出会える場として、めざましい活躍をみせる3名の作家を紹介! 九州・沖縄そしてアジア地域の将来性を見据える展覧会シリーズを構築します

三菱地所アルティアムでは、九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家に光を当てる、新たな展覧会シリーズ『Local Prospects(将来性)』を構築します。“いま、ここで紹介すべき作家”を吟味し、地域で生まれた表現に出会える場を育て、地域を見つめる多様な視点の創出と対話の深化を目指します。

第1回目のテーマは“海をめぐるあいだ”。島国である日本において海は境界の象徴と捉えることが少なくありません。しかし、この地域に存在する様々な境界を隔てると同時に繋いでいるのも海だと言えるでしょう。本展ではその海をめぐり、歴史や神話という時を表す“あいだ”、政治的・物理的な空間上の“あいだ”を漂いながら、作品に向き合います。

出展作家は、海女の古い写真をきっかけに海と人の歴史・現在を自らの身体を通じて探り伝える山内光枝、沖縄を主題にしながらも多様な解釈と詩情を内包する映像や写真を発表する山城知佳子、現実と物語世界が折り重なるビデオ・インスタレーションで台湾やアジアの記憶を再構築する許家維(シュー・ジャーウェイ)という近年めざましい活躍をみせる3名。彼らの表現は、この時代、この場所に生きるわたしたちにとって、示唆に富んだ視点と可能性を提示してくれることでしょう。さらに、展覧会に観客のまなざしが加わることで、未来へと繋がっていくことを願っています。

記録集PDFをアップいたしました。是非ご覧ください。(14MB)
Exhibition Catalogue(14MB)

dcim100gopro

山内光枝《Human Seascape|海の目》2015年

2015artium_local02

©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2015artium_local03

Hsu Chia Wei《Marshal Tie Jia - Turtle Island》2012年 video, photograph, letter

2015artium_local04

山内光枝 本展のための試作ドローイング部分2015年

2015artium_local05

©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2015artium_local06

Hsu Chia Wei《Marshal Tie Jia - Turtle Island》2012年 video, photograph, letter

作家プロフィール

山内 光枝 Terue Yamauchi

1982年福岡県生まれ。2003年キングストン大学英国ファウンデーションコース修了、2006年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ英国BAファインアート卒業。2013年チェジュ・ハンスプル海女学校済州島卒業。2015年 文化庁新進芸術家海外研修員短期
主な個展に、2010年せかいの残り香共同アトリエ・3号倉庫、福岡、2012年ムルテmujikobo横浜ワタのもりギャラリー58東京、2013年嗚呼-海の女と水脈をめぐる旅-konya-gallery福岡、2015年イルギ千草ホテル福岡Human Seascape | 海の目シリマン大学ギャラリーフィリピン。グループ展に、2011年Communicus – WATAGATA Arts Festival福岡アジア美術館、2012年GARDEN 写真→映像名ヶ山アジア写真映像館周辺新潟/越後妻有VOCA展2012 -新しい平面の作家たち-上野の森美術館、2013年Landings, The World Turned Inside Outヴィッテ・デ・ウィット現代美術センター ロッテルダムオランダ、2014年想像しなおし福岡市美術館、2015年対馬アートファンタジア対馬市内各所長崎などがある。

山城 知佳子 Chikako Yamashiro

1976年沖縄県生まれ。現代美術家、映像作家。1999年沖縄県立芸術大学美術工芸学部油画科専攻卒業。2000年サリー州立アート・アンド・デザイン大学英国に交換留学。2002年沖縄県立芸術大学大学院環境造形専攻修了。
主な個展に、2002年墓庭の女前島アートセンター沖縄、2012年MAM PROJECT018山城知佳子森美術館。グループ展に、2008年沖縄・プリズム1872-2008東京国立近代美術館、2010年恵比寿映像祭~歌をさがして~東京都写真美術館、2010年ニュースナップショット 日本の新進作家展 Vol.9 〔かがやきの瞬間〕東京都写真美術館、2012年現代日本のアート、パフォーマンスとアクティヴィズムパンプハウス・ギャラリー、ロンドン、2012-13年アジアの女性アーティスト展:アジアをつなぐ―境界を生きる女たち 1984-2012福岡アジア美術館他巡回、2015年East Asia Feminism: FANTasiaソウル市立美術館などがある。2015年第8回アジアパシフィックトリエンナーレ、2016年あいちトリエンナーレ2016に参加予定。

許家維シュー・ジャーウェイ Hsu Chia Wei

1983年台湾・台中生まれ。2010年国立台湾芸術大学修士課程修了。2010年ISCPニューヨークレジデンス滞在、2011年〜2013年アーティスト・ランスペース打開/当代のディレクターを務める。2014年ベタニエンベルリンレジデンス滞在。
主な個展に、2011年Overdubbingシャクシ・ギャラリー台北、2013年SH-SY5Y台湾芸術大学文化創意産業園区台北、2014年On the Margin of Placesベタニエン・アートセンター。グループ展に、2008年台北美術賞2008台北市立美術館、2010年第39回ロッテルダム国際映画祭、2010年・2012年台北ビエンナーレ、2012年リバプール・ビエンナーレタイタイー理解の尺度バンコク芸術文化センター2013年には中山創意基地にて台湾展、2013年カットローグニューヨーク第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ台湾館ヒューゴ・ボス・アジア・アート展上海外灘美術館、2014年第4回台湾国際ビデオアート展鳳甲美術館台北、2015年三月三日天気新リアン・ギャラリー台北、アートバーゼル香港フィルム部門などがある。
http://hsuchiawei01.blogspot.jp/

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
企画協力:Fukuoka Art Tips、岩切澪
協力:Yumiko Chiba Associates、LIANG GALLERY、九州大学 上岡研究室

まもなく開催

2016/9/3 − 9/25  |  10:00-20:00  

石川竜一

okinawan portraits 2012-2016

予告

2016/10/1 − 10/30  |  10:00-20:00   |  休館日 10/18

都築響一 僕的九州遺産

My private Kyushu