天神洋画劇場

伊藤隆介の「フィルム・スタディーズ」

会期/開館時間

2016年6月4日 − 7月3日
10:00 - 20:00
休館日 6月21日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

展覧会ポスタービジュアル

視覚の魔術師 伊藤隆介による、人間と映像の歴史を探る映画学

三菱地所アルティアムでは、映像作家・美術家、伊藤隆介の九州初個展を開催します。実験映画やビデオ・インスタレーション(映像と造形を用いた美術表現)を制作してきた伊藤が、本展では1970年代のパニック映画を元にしたインスタレーション作品など、新作・旧作を交え発表します。
伊藤の代表的な作品シリーズ「Realistic Virtuality(現実的な仮想性)」は、映像とミニチュア・セットから成るビデオ・インスタレーションです。今回は、同シリーズの最新作として、旅客機内の座席、サメ、恐竜など、映画のワンシーンを想起させるセットが会場に登場します。これらの精密なセットをビデオカメラで撮影し、そのライブ映像の投影によって、実物と映像が同時に展示されます。「現実」と「メディアが運んでくる現実」の“段差”を表現する作品は、映画やメディア、時代をめぐる様々な思考を刺激することでしょう。

2016artium_itoryusuke02

Realistic Virtuality恐竜の支配2001年

2016artium_itoryusuke03

本展新作のためのスケッチ 2016年

2016artium_itoryusuke05

Realistic Virtuality無人偵察機
 2002年

2016artium_itoryusuke06

Realistic Virtualityそんなことは
 無かった2012年

2016artium_itoryusuke07

本展新作のためのコラージュ 2016年

伊藤隆介 ITO Ryusuke

1963年 札幌市生まれ。東京造形大学で映像作家・かわなかのぶひろ氏 に師事、アートフィルム実験映画の制作を始める。 主な作品に、フィルムの物質性に着目したコラージュ/モンタージュ作 品Plateシリーズ、撮影用のセットと映像を並置したビデオ・ インスタレーションRealistic Virtuality現実的な仮想性シリーズ などがある。 主な展覧会として、第3回福岡アジア美術トリエンナーレ2005 福岡アジア美術館、2005年ラブラブショー青森県立美術館、 2009年黄金町バザール2012横浜市、2012年第4回 恵比寿映像祭:映像のフィジカル東京都写真美術館、2012年Re:Quest-1970年代以降の日本現代美術展ソウル大学校美術館、 2013年伊藤隆介ワンマンショー;ALL THINGS CONSIDERED 札幌宮の森美術館、2014年など。

展覧会によせて

札幌のとあるバー。ここは元銀行の金庫室。悪だくみにはちょうどいい場所だ。まるでヒートダークナイトじゃんか。男が3人、シングルモルト片手に小声で話し合うのは、福岡は天神の中心街にパニック映画館を再現するというものだ。火事、鮫、恐竜、異次元、悪魔、金、猿、処女、ボンド、モーゼ… 僕らの喉を枯らし、寿命を縮めたアレやコレやをインストールするぞー!!!
バーの片隅にはブラウン管のTVがぽつねんと佇む。ぼんやりとアクション映画が映っているようだ。画面の隅には“二カ国語”のひよこマーク。嗚呼、僕たちが子供の頃、ヒーローはその中にいた。スタローン、イーストウッド、マックイーンにブロンソン… 憧れの男たちは4:3の荒いブラウン管越しにあらわれ、皆が日本語で決めゼリフを言い散らかしていたのだが、それになんの疑問も持たなかった。いやむしろ、映画館やDVDで地声を知って、頭がクラクラしたものだった…。今まで見ていたのはニセモノか? いやこっちがニセモノ?みたいな。伊藤隆介のインスタレーションは、言ってみれば映像と模型の二ヶ国語同時放送のようなもので、ブラウン管のあちらとこちらとのステレオ・リアリティが毒性を持つのである。汝、スクリーニング・インフェルノに堕ちるがよい!!
□□
澤隆志

□□
文化人という言葉がある。もともとは文化的教養を持つ人を指すが、今ではマスメディアに出ている人、つまり有名人=文化人という認識が一般的かな?だから文化人と聞くと、何となく背中がムズムズしちゃう。子曰、道聴而塗説、徳之棄也とは論語の言葉。分かんなかったらググってみよう。すぐに意味は出てくる。そう、今の文化とはそんな程度のものだし、いわゆる文化人の言動もまさに道聴塗説そのものじゃないか。と悪態をつきながら、ここで伊藤隆介の登場である。伊藤は現代社会のありとあらゆる事象を、分け隔てなく素読する。美術、映画、マンガ、アニメから人々の生活や社会的・政治的問題までを等価な教養として蓄積し、ジャンルや時間、意識を自在に接続しなおして、新たな価値や思考を生み出していく。さしづめ江戸で言うなら戯作者か。例えば京伝による小紋雅話の洗煉とユーモア。あるいは守貞謾稿的な社会へのまなざし。伊藤は模型+映像という虚実皮膜の構造をとおして、我々の記憶、知性、感性に刺激と挑発を加えていく。今回のインスタレーションは、そんな伊藤が仕掛ける、とある時代映画状況をモチーフにした一大文化ドキュメンタリー。まず、文化がかくも重層的で多声的であることに驚愕せよ。そして、教養がなんたるかをその目で確認すべし!

工藤健志

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
企画協力:モマ・コンテンポラリー
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
協力:イメージフォーラム

開催中

2019/4/27 − 6/2  |  10:00-20:00   |  休館日 5/21

日常のとなり

anno lab

次回予告

2019/6/8 − 7/15  |  10:00-20:00   |  休館日 6/18

「ロボット」誕生100年記念

チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台