安野光雅のふしぎな絵本展

会期/開館時間

2016年7月9日 − 8月28日
10:00 - 20:00

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD イムズカード会員無料
  • 福岡アジア美術館おいでよ!絵本ミュージアム2016チケット提示で2名様まで100円引き

さかさま1969年
※作品はすべて津和野町立安野光雅美術館所蔵
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

安野光雅の空想力が生んだ 緻密でふしぎな絵本の世界

画家、絵本作家、装丁家として幅広い活躍を続ける安野光雅は、今年90歳を迎えました。本展では、その多彩な活動の中から、「ふしぎ」をテーマに、想像力にみち、幅広い学識とユーモアに富んだ作品群をご紹介します。
安野の絵本デビュー作である『ふしぎなえ』をはじめ、ふしぎなからくりと仕掛けがちりばめられた『もりのえほん』や『ABCの本』、科学や数学をテーマにした『天動説の絵本』、『かぞえてみよう』など、数十点の絵本原画をアルティアムで展示します。さらに、イムズプラザ(B2F)にも、安野の絵本から飛び出してきたような、家族で楽しむことができる「ふしぎな広場」が登場します。
精密に描かれた美しい絵に、遊び心があわさった、安野の豊かな空想力から生み出されるふしぎな世界をお楽しみください。

2016artium_anno03web

ふしぎなさーかす1971年
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno04web

もりのえほん1977年
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno05web

天動説の絵本1979年
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno06web

ABCの本 へそまがりのアルファベット1974年
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno08web

かぞえてみよう1975年
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno09web

空想工房の絵本
©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

2016artium_anno01web-2

安野 光雅あんの みつまさ

ふしぎなえ1968年

1926年、島根県津和野町に生まれる。教師を務めながらデザインや装丁の仕事を手掛け、1968年にふしぎなえで絵本作家としてデビュー。美術のみならず科学・数学・文学などにも造詣が深く、エッセイ、画文集、装丁など幅広い分野で活躍する。
知的で独創性溢れる作品は、国境を越えて子どもから大人まで魅了し、絵本のノーベル賞ともいわれる国際アンデルセン賞をはじめ、2008年に菊池寛賞、2012年に文化功労者顕彰、2014年に中国文化賞など数々の賞を受賞。2001年には故郷の津和野町に安野光雅美術館が開館した。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、イムズ、西日本新聞社
後援:福岡県、福岡市、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団、福岡県私立幼稚園振興協会、福岡県国公立幼稚園・こども園協会、福岡県PTA連合会、福岡市子ども会育成連合会、福岡市PTA協議会、九州朝日放送、RKB毎日放送、FBS福岡放送、TNCテレビ西日本、TVQ九州放送  
特別協力:津和野町立安野光雅美術館 
企画協力:アートキッチン 
協力:九州大学芸術工学研究院 城研究室、設計機構ワークス、hact、ブルームーンデザイン事務所

開催中

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太

次回予告

2017/10/7 − 11/5  |  10:00-20:00   |  休館日 10/17

諏訪 敦

2011年以降/未完