Local Prospects 2

アイデンティティ

会期/開館時間

2016年11月5日 − 11月27日
10:00 - 20:00
休館日 11月8日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

角田奈々《母のはじまり》 2016年 インクジェットプリント © Kakuda Nana上段
井上絢子《わたしも全く同感です。》 2016年 油彩、キャンバス © Inoue Ayako 中段
国本泰英《Scene_#1601》2016年 油彩、キャンバス © Kunimoto Yasuhide
潘逸舟 《Follow in footprints》 2016年 映像 © Han Ishu下段

地域の将来性を見据える展覧会シリーズ第2弾! アイデンティティをテーマに気鋭の作家4名による多彩な作品を紹介します

三菱地所アルティアムでは、九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家を紹介する展覧会シリーズ「Local Prospects 2」(Prospects=将来性)を開催いたします。本シリーズは、地域を見つめる多様な視点の創出と対話の深化を目指す展覧会として2015年に初開催されました。(前回についてはこちらのページをご覧ください。)

第2弾となる今回は、テーマ「アイデンティティ」のもと、招待作家と公募選出作家の4名による展覧会を開催します。いずれも1980年代半ばに生まれた気鋭の若手作家です。自身の母や家族、近年通うベトナムでの人物写真を撮影し続け、人間の営みに光を当てる角田奈々。シルエットで描かれた群衆の絵画によって、個人であると同時に集団でもある人間の存在を問いかける国本泰英。社会や国家と個人の間に生じる疑問や戸惑いを、身体や身近な素材を媒介に表出させる潘逸舟(はん・いしゅ)。複雑な状況を受容し、移ろう日常風景を絵画として定着させる井上絢子(公募選出作家)。

多様なアプローチと表現方法であらわれる「アイデンティティ」にまつわる作品は、みるものに様々な思考を促すことでしょう。自身の存在を突き詰めようとすれば、その周縁で生きる人々にも目を向けることになります。本展を通して、この地域や社会における多面的な結びつきに思いを馳せる機会となることを願っています。

●出展作家
角田 奈々(1986年福岡生まれ)
国本 泰英(1984年大分生まれ)
潘 逸舟(1987年上海生まれ)
井上 絢子(1985年福岡生まれ)

MITSUBISHI ESTATE ARTIUM is pleased to present Local Prospects 2, the second in its series of exhibitions showcasing artists based in or near Kyushu and Okinawa. Since April 1989, MITSUBISHI ESTATE ARTIUM has presented various contemporary art activities as a part of MITSUBISHI ESTATE’s cultural support program, irrespective of their critical acclaim or genre.
This series began in 2015 with the aim of giving form to the many artist insights into the region, and deepening their dialogues. This exhibition further opens the door of possibilities with a public call for submissions in one of the categories. Artists are asked to submit their portfolio for judging, and the winning submission will be displayed in the exhibition together with works by selected artists.

●Artists
Kakuda Nana(1986 Born in Fukuoka)
Kunimoto Yasuhide(1984 Born in Oita)
Han Ishu(1987 Born in Shanghai)
Inoue Ayako(1985 Born in Fukuoka)

2016artium_local2_05

角田奈々 《母のはじまり》 2016年 インクジェットプリント© Kakuda Nana

2016artium_local2_06

潘逸舟《呼吸_蘇州号》 2013年  映像 © Han Ishu

2016artium_local2_07

井上絢子《どうしたらいい》2015年 油彩、キャンバス © Inoue Ayako

2016artium_local2_08

国本泰英《Scene_#1502》2015年 油彩、キャンバス © Kunimoto Yasuhide

2016artium_local2_01

角田奈々《母のはじまり》 2016年 インクジェットプリント© Kakuda Nana

2016artium_local2_02

井上絢子《わたしも全く同感です。》 2016年  油彩、キャンバス © Inoue Ayako

2016artium_local2_03trim

国本泰英《Scene_#1601》2016年 油彩、キャンバス © Kunimoto Yasuhide

2016artium_local2_04

潘逸舟 《Follow in footprints》 2016年 映像 © Han Ishu

プロフィール

角田 奈々 Kakuda Nana
1986年福岡県生まれ。2010年 九州産業大学大学院芸術研究科写真専攻前期博士課程修了。2008〜2011年 Asia Photographer’s Gallery福岡を運営、2014年〜photographers’gallery東京を運営。
主な個展に、2008年 狭間Asia Photographer’s Gallery福岡、2009年母 57 歳新宿ニコンサロン東京、2010年Asia Photographer’s Gallery
福岡、2013年苦いマンゴー 〜ベトナムの地に触れて〜新宿ニコンサロン東京・photographers’gallery東京、2015年 家族の時・母 57 歳photographers’
gallery・KULA PHOTO GALLERY東京、2016年photographers’ gallery企画 土地を紡ぐベトナムの風に吹かれてKULA PHOTO GALLERY。グループ展に、2009年ただいま―九大生AQAプロジェクトによるアジア現代美術展ギャラリーアートリエ福岡、2010年 手と眼のディスクールギャラリーアートリエ、2016年土地を紡ぐ福岡アジア美術館福岡など。
http://pg-web.net/members/nana-kakuda/

国本 泰英 Kunimoto Yasuhide
1984年大分県生まれ。2006年九州産業大学芸術学部美術学科絵画コース卒業。
主な個展に、2007年Gallery M.A.P福岡※以降毎年開催、2008年由布院駅アートホール大分、Gallery Fukuda大阪、2009年BASE GALLERY 東京、伊勢現代美術館三重。グループ展に、2008年GEISAI#11東京ビッグサイト東京トーキョーワンダーウォール東京都現代美術館東京、2010年 おとなりさん。―九大生AQAプロジェクトによる韓日現代美術展ギャラリーアートリエ・九州大学福岡井上絢子と国本泰英konya gallery福岡、2011年まちなかアートギャラリー福岡市内福岡、2012年祝CAMK10周年! 九州アート全員集合展熊本市現代美術館 ギャラリーIII・井出宣通記念室熊本ミニアチュールの魅力展~うつくしきもの~ JR大阪三越伊勢丹 アート解放区大阪、2013年carré 2013gallery 点石川、2015年BEPPU PROJECT 2015別府中心市街地大分など。
http://knmtyshd.com

潘 逸舟 Han Ishu
1987年中国上海市生まれ。現在東京在住。2012年東京芸術大学美術研究科先端芸術表現大学院修了。
主な個展に、2004年HUMANITY空間実験室スぺースB青森、2012年海の形京都芸術センター ギャラリー北京都、2015年存在を支配するもの黄金町Site-Aギャラリー神奈川隣り合う記憶ISCPNY、米国、2016年As far as I knowARATANIURANO東京。グループ展に、2012年アートアワードトーキョー丸の内 2012行幸地下ギャラリー東京、2013年今此処 トーキョーストーリー part 1トーキョーワンダーサイト本郷東京、2014年東アジアの夢BankART 1929神奈川アジアン・アナーキー・アライアンス關渡美術館台湾、2015年漂着QMAC福岡、2016年Sights and Sounds: Highlightsジューイッシュ・ミュージアムNY、米国対馬アートファンタジア2016対馬市元対馬市立久田小学校内院分校長崎など。2013年新鋭賞 在地未来何香凝美術館、中国ほか受賞多数。
http://hanishu.com

井上 絢子 Inoue Ayako 【公募選出作家】
1985年福岡県生まれ。2007年佐賀大学文化教育学部美術工芸課程卒業。2014年關渡美術館台湾にて滞在制作・展示。現在、黄金町エリアマネジメントセンター長期レジデンス参加神奈川
主な個展に、2005年いわずにいってもいないモマ・コンテンポラリー福岡、2015年あなたの大切なことはわたしにとって大切なことかPORT福岡。グループ展に、2006年36のペインティング北仲 WHITE301号室神奈川、 2010年井上絢子と国本泰英konya gallery福岡、2012 年台湾/日本-いま ここに在るということ―九大生AQAプロジェクトによる現代美術展ギャラリーアートリエ福岡、2013年[afterwards,]gallery 点石川、2014年道数展佐賀大学美術館佐賀第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014関連企画Moving Triennale-made in Fukuoka福岡アジア美術館福岡、2015年明日への坩堝福岡アジア美術館、2016年黄金町バザール2016黄金町神奈川など。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社 
後援:福岡市、福岡市教育委員会、公財福岡市文化芸術振興財団
企画協力:Fukuoka Art Tips 
協力:URANO、NPO 法人黄金町エリアマネジメントセンター、Gallery M.A.P、九州産業大学、BASE GALLERY

開催中

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太

次回予告

2017/10/7 − 11/5  |  10:00-20:00   |  休館日 10/17

諏訪 敦

2011年以降/未完