諏訪 敦 展

2011年以降/未完

会期/開館時間

2017年10月7日 − 11月5日
10:00 - 20:00
休館日 10月17日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金 / チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

《 HARBIN 1945 WINTER esquisse 》鉛筆 グラフ用紙 2016  ©Atsushi SUWA

古典的描法でありながら独自の視点で同時代的テーマ性をもった制作を続ける画家、諏訪敦による西日本で初となる個展を開催します。

満州で亡くなった祖母の姿を70余年という隔たりと闘いながら描き、その複雑なプロセスがNHK ETV特集に取り上げられ、話題を呼んだことは記憶に新しいものですが、それを含めた最新作群を展覧します。

※関連イベントなどの詳細は追って告知します。

プロフィール

諏訪 敦すわ あつし
1967年北海道生まれ。プロジェクト化された絵画の特異さで知られ、綿密な取材に裏付けられた高密度な絵画は、対象に内在する社会的な部分を浮上させ、歴史に回収されない個の手触りを浮上させる。
1994年、文化庁芸術家派遣在外研修員 としてスペイン在住。2011年、NHK日曜美術館記憶に辿りつく絵画 ~亡き人を描く画家~にて単独の特集。 2013年小谷忠典監督 短編 映画作品flowに出演。2016年、NHK ETV特集忘れられた人々の肖像 ~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く~放映。主な個展に、2011年諏訪敦絵画作品展 ~どうせなにもみえない~諏訪市美術館、 2014年 Sleepers Kwai Fung Hin Art Gallery、2015年諏訪敦絵画作品展 ~美しいだけの国~成山画廊 などがある。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
協力:成山画廊

開催中

2017/7/8 − 8/27  |  10:00-20:00  

絵本作家 tupera tupera × 写真家 阿部高之

イルヨイルイル モノモノノケ 展

次回予告

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太