Local Prospects 3

原初の感覚

会期/開館時間

2017年11月11日 − 12月3日
10:00 - 20:00

会期中休館日なし

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

三菱地所アルティアムでは、1989年4月から三菱地所の文化支援事業の一環として、現代の様々な芸術表現を、既成の評価、ジャンルにとらわれることなく紹介・発信しています。この度、九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家を紹介する展覧会シリーズ「Local Prospects 3」を開催いたします。
本シリーズは、地域を見つめる多様な視点の創出と対話の深化を目指す展覧会シリーズとして2015年に初開催したグループ展です。第2回からは、さらに門戸の開かれた展覧会とするべく、出展作家の中の1枠を公募として広く募集しています。ファイル審査により入選者を決定し、招待作家とともに新作を発表していただきます。
第3回となる本展は、テーマを「原初の感覚」とし、自らの身体感覚や内なる感情、原初的な衝動とともにある表現に焦点を当てます。「原初の感覚」とは、私たちが生きていることの根拠に関わる身体感覚や生命活動を意味します。それらと強く結びついた表現、あるいは表現することでそれらに深く潜ろうとする態度は、地下水脈のように私たちに内在する感覚と繋がり合い、忘れていた何かを呼び覚ましてくれることでしょう。招待作家として、自身に内在する風景を探り、それを写真に託す木下由貴、糸や布を解き/編みつづけることで身体を拡張する平川渚、自身を深く見つめ、衝動や葛藤などの感情の揺れを絵画で表現する山下耕平の3名が確定しています。もう1名は公募枠にて選出し、招待作家とともに4名のグループショーとして開催いたします。多様な文化の交わる場として機能してきた福岡の地域性と、地方にスポットが当たることの増えた時代性を踏まえ、”いま、ここで紹介すべき作家”を吟味して発信します。本シリーズに、新たな1ページを加える表現を心待ちにしております。

※公募情報詳細はこちら  応募受付は締め切りました。たくさんのご応募をありがとうございました。

■展覧会招待作家(順不同・敬称略)
木下由貴(1986年佐賀県生まれ、福岡県在住/写真)
平川渚(1979年大分県生まれ、鹿児島県在住/インスタレーション)
山下耕平(1984年兵庫県生まれ、福岡県在住/絵画)
+公募枠作家

It is with great pleasure that Mitsubishi Estate Artium presents Local Prospects 3, the third in a series of exhibitions showcasing artists based in the Kyushu and Okinawa area. Since April 1989, we have introduced a variety of contemporary art works (regardless of critical acclaim or artistic genre) as part of our cultural support program.

The present series was launched in 2015 as a means of fostering a wide range of viewpoints related to the local region, and enhancing dialogue with the community. This exhibition promises to create even more possibilities with an open call for submissions in one division. Artists will be judged according to their file, and the winning submission will be displayed alongside works by selected artists.

Based on the theme of “primordial sensations,” the third edition of the exhibition focuses on artistic expressions that are related to physical sensations, inner emotions, and primitive impulses.The phrase “primordial sensations” refers to physical sensations and biological activities that form the basis of our lives. Like an underground vein of water, artistic expressions that are closely linked to these elements or attempts to dig deeper into these things through art create a link to various sensations within us, calling up things that we have forgotten.At present, three artists have been invited to participate in the exhibition: KINOSHITA Yuki, who relies on photography to explore the landscapes within herself; HIRAKAWA Nagisa, who expands her body by unraveling and knitting threads and fabric; and YAMASHITA Kohei, who looks deep within himself and expresses urges, conflicts, and other wavering emotions through painting. We are currently accepting applications for one more artist, who will join these three in a group show.

The exhibition will bring together both the character of Fukuoka itself, shaped through innumerable cultural influences, and a selection of some of the most relevant artists of our time in this region. We are delighted to welcome you to this latest page in our series of Local Prospects exhibitions.

■Artist
KINOSHITA Yuki(Born 1986 in Saga, Lives and works in Fukuoka./ Photograph)
HIRAKAWA Nagisa(Born 1979 in Oita.Lives and works in Kagoshima./ Installation)
YAMASHITA Kohei(Born 1984 in Hyogo, Lives and works in Fukuoka./ Painting)
+ Public offering artist

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主 催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
助 成:公益財団法人 福岡文化財団

開催中

2017/7/8 − 8/27  |  10:00-20:00  

絵本作家 tupera tupera × 写真家 阿部高之

イルヨイルイル モノモノノケ 展

次回予告

2017/9/2 − 10/1  |  10:00-20:00  

Re-actions 志水児王・堀尾寛太