バスキアとNYアーティストたち

Roland Hagenberg 写真展

会期/開館時間

2018年9月8日 − 10月21日
10:00 - 20:00
休館日 10月16日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金 / チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料

Jean-Michel Basquiat
©︎ Roland Hagenberg

1980年代ニューヨーク、
パワーみなぎるアートシーンを生々しく伝える
ローランド・ハーゲンバーグの写真を一挙公開!

 

80年代、NY。アートシーンは、カオスのパワーでみなぎっていた。そのレジェンドたちの中でも、ジャン=ミッシェル・バスキアは、今年没後30年を迎え、作品価値と人気をますます高めている。しかし、彼のライブな生きざまを伝える資料は、ほとんど残されていなかった。本展では、ニューヨークに渡ったローランド・ハーゲンバーグが、編集者としてともに活動したバスキアのスタジオでの制作中の自然な姿を撮ったショットをはじめ、ライブな様子をとらえた写真を多数展示。併せて、メモやインタビューなども紹介。また、ハーゲンバーグと親交のあったアンディ・ウォーホルやキース・ヘリング、ロバート・メイプルソープ、ルイーズ・ブルジョワなど巨星たちのポートレート写真も多数展示する。80年代のNYのアートシーンを当時の体温そのままに伝える本展は、まさに、あのよき時代の「証言」となるだろう。

tokio-004-3

Andy Warhol
©︎ Roland Hagenberg

2018artium_hagenberg03

Keith Haring
©︎ Roland Hagenberg

tokio-006

Francesco Clemente
©︎ Roland Hagenberg

2018artium_hagenberg05

Jean-Michel Basquiat
©︎ Roland Hagenberg

プロフィール

©︎ Robert Fischer

Roland Hagenbergローランド・ハーゲンバーグ
ライター、フォトグラファー、映像クリエイター。オーストリア生まれ。
VOGUEArchitectural Digestなどに記事や写真を多数寄稿。80年代、多くのアーティストとコラボレートし、ニューヨークのアート界をビジュアル化する出版プロジェクトに関わる。ビデオ・ドキュメンタリーの監督や制作にも意欲的に取り組むなどマルチメディアクリエイターである。2010年に立ち上げた、作曲家フランツ・リストの生誕地オーストリアのライディングにマイクロハウスを建築するraiding projectでは、オーストリア政府観光局より最優勝革新賞を受賞。最近はジャン=ミッシェル・バスキア:ローランド・ハーゲンバーグによる写真展をはじめ、バスキア回顧展で、ハーゲンバーグが撮影したバスキアのポートレートが展覧会のメインビジュアルやカタログの表紙などに使用されている。

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、公財福岡市文化芸術振興財団、在福岡米国領事館、オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
企画協力:Hagenberg Studio、イデア・ケイ

開催中

2018/7/21 − 9/2  |  10:00-20:00  

トンコハウス展

「ダム・キーパー」の旅