日常のとなり

anno lab

会期/開館時間

2019年4月27日 − 6月2日
10:00 - 20:00
休館日 5月21日

入場料

一般:400300円  学生:300200

  • は前売料金 / チケットぴあ・10名以上の団体料金
  • 再入場可
  • 高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
  • アルティアムカード会員・三菱地所グループCARDイムズカード会員無料
  • 福岡市科学館 基本展示室、福岡市動植物園のチケット提示で2名様まで100円引き

本展メインビジュアル

福岡を拠点に活動するクリエイティブ集団anno lab
遊びゴコロをくすぐるメディアアートが広がります!

 

福岡を拠点に、インタラクティブ思考の作品を手がけるクリエイティブ集団anno lab(あのラボ)。映像やデザイン、イベントプランニングなど多様な表現方法で、遊びゴコロをくすぐる体験を生みだしています。彼らは、素朴な疑問にリアクションし、「もっと知りたい気持ち」を掻き立てるように、楽しみながら探求するプロセスを大切にしています。作品を通して、積極的に物事に関わるおもしろさを伝え、自然と周囲に連鎖するように仕掛けているのです。
近年では、壁に描かれたイラストにタッチすると科学の史実や事象が楽しく展開する《発見の壁》や、伝声管型のマイクに向かって鳴き真似をするとアーティスティックな動物が現れる《なきごえアート》など好奇心を刺激する作品を手がけ、地元・福岡の科学館や動植物園に常設展示されています。
本展では、「日常のとなり」をテーマに、身の回りへの「気づき」と「探求」のプロセスを体感的に楽しめます。本展を通じて、『世界一楽しい街を創る』をモットーに活動する彼らが提案する、日常を楽しくするエッセンスを共有できれば幸いです。

2019artium_annolab02

《発見の壁》2017 福岡市科学館

2019artium_annolab03

《なきごえアート》2018 福岡市動植物園

2019artium_annolab04

《時空間のしっぽ》2014 第5回福岡アジア美術トリエンナーレ

2019artium_annolab05

《KUMICA》2013 遊べる!デジタルアート展

プロフィール

anno lab あのラボ
福岡を拠点に活動するクリエイティブ・ラボ。面白さや楽しさをはじめとする知的好奇心を出発点に、遊びゴコロいっぱいの新しい体験をメディアアートの企画・制作、ブランディングデザインを通して生みだす。学術研究員、アニメーション作家、ゲーム開発者、広告代理店勤務、Fabマスター、映像ディレクター等の経歴をもつクリエイターが集まり、2012年に設立。近年の活動に、不思議の国のアリス展2019、福岡タワー2019、国立情報学研究所2018へのコンテンツ提供、企業・団体のブランディングデザインなどがある。その他、ブラジル、アルゼンチン、中国、シンガポールなど、国外でも作品を発表し、高い評価を得ている。
https://annolab.com

お問い合わせ

三菱地所アルティアムイムズ8F
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8Fアクセスはこちら
TEL. 092-733-205010:00 - 20:00 / E-Mail

主催等

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、公財福岡市文化芸術振興財団
企画・制作:anno labあのラボ
協力:福岡市科学館、福岡市動植物園
製作協力:am21、ストロベリーメディアアーツ

まもなく開催

2019/11/16 − 12/15  |  10:00-20:00  

氷室友里のテキスタイル展

TEXTILE PLAY GROUND

予告

2019/12/21 − 2020/1/26  |  10:00-20:00   |  休館日 12/31、1/1

音と旅する鉱物展

九州大学総合研究博物館コレクション