バスキアとNYアーティストたち

オープニングレセプション レポート

開幕初日9/8(土)にローランド・ハーゲンバーグさんをお迎えし、オープニングレセプションをおこないました。その模様をレポートでお届けします。
(以下はオープニングレセプションでのトークを一部抜粋・編集したものです。)

DSC07649
(ローランド・ハーゲンバーグさん)本日はお越しいただき、ありがとうございます。ローランド・ハーゲンバーグです。このような機会をいただき、感謝します。
こんなに多くの方に興味を持っていただき、感動しています。過去の思い出に浸るように感傷的に80年代を振り返ることもありますが、そうした気持ちとは別に、80年代のNYには、確かに独特で特別なものがありました。そのことについて、少しお話したいと思います。
当時、成功したいと願うアーティストにとって、NYにアトリエを構えてキャリアを築くということは必須であり大前提でした。NYはそういった世界で唯一の場所でした。
時代を遡ると、1940〜1950年代の芸術の中心はパリでした。例えば、ピカソやマチスなどの有名な巨匠たちも、その時代にパリで活躍していました。時代は変わり、特に音楽の分野からロンドンに芸術の中心が移りました。その後、ベルリンに移行し、70〜80年代には芸術の中心地がNYになりました。
今はどうでしょうか。インターネットが普及し、スマートホンがあり、どこにスタジオを構えても大差はありません。アーティストはどこでも展覧会を開催できますし、飛行機でどこにでも行くことができます。スカイプでのやりとりも可能です。私個人の考えですが、そういった意味で、歴史の中で、NYは「アーティストにとって、そこに居なければいけない場所」という最後の都市であったと考えています。

私もその一人で、アーティストとして夢を抱え、80年代にNYに渡りました。アンディ・ウォーホルなどの有名なアーティストに会いたいと思うと同時に、自分自身も有名になりたいという野望を持ち、成功を夢見て、NYに向かったわけです。そういった、すべての人が夢を見ることができる、魅力のある都市がNYでした。
同時に、危険な街でもありました。強盗事件が多発し、ドラッグ中毒者も多くいましたし、エイズなどの病気も広がりつつありました。NYは、危険と隣り合わせた街でありながら、ロマンチックな生活を夢見られる街。そういったイメージを抱いて、ヨーロッパや南アフリカなど世界各地から、NYのソーホー、イーストヴィレッジ、マンハッタンを目指して、アーティストたちが集まってきていました。
往々にしてこうしたアーティストは3人くらいでロフトを借り、生活し、制作していました。
私が見ていた限り、ほとんどのアーティストは、大体お昼の12時くらいに起きて、午後に制作し、夜はディスコのパーティーに繰り出していました。このディスコが、今でいうインターネットの役割を果たしていたと思います。情報収集ができ、いろんな人に会える。ウォーホルやキース・ヘリングにも会える重要な場所、それがディスコでした。名刺を交換し、新しいネットワークを作ったりということができました。

DSC07674
当時の私はいつもカメラを持ち歩いていました。今はみんなスマホを持っていますが、当時はカメラを持ち歩くこと自体珍しかったと思います。そういった状況下で撮影した写真を、今回展示しています。当時はモノクロフィルムも高価で貴重なものでした。今のようにスマホで簡単にたくさん撮った中からベストの一枚を選ぶのではなく、常に集中して構図を考え、カメラのシャッターを押していました。いろいろな話を伺ったあとに写真を撮ったので、被写体と私の間に緊張感のない、ありのままの作家の姿が撮れたのではないかと思っています。
当時、私はドイツのスターンという雑誌社から仕事の依頼を受け、働いていました。はじめは、ライターとして執筆活動だけをおこなっていました。ある日、取材の日にカメラマンが来なかったんです。その時、ライターとしてそこにいた私が、持っていたカメラで代わりに写真を撮ることになりました。それ以来、ライターとフォトグラファー両方の活動をおこなっていくことになりました。
ご存知のように、『VOGUE』などの大きな雑誌は、ライターとカメラマン両方の仕事を一人に担当させることを好みません。個別に依頼することが多いため、なかなか両方担当することは叶わないことが多いのですが。

最後に、一番奥に展示している短い映像は、バスキアのインタビュー音声です。当時インタビューはカセットテープに録音していました。全体では約50分あるインタビューの中から、前半3分をまとめています。単なる質疑応答という単調なものではなく、ディスカッションしている生き生きとした生の声です。バスキアが感情的になり、怒り出し、そして鎮まっていく場面もあります。どうぞご覧ください。

DSC07676
ご挨拶のあとは、来場者の質問に答えたり、本展のために作ったパンフレットにサインをされたりと、来場者とのやりとりを楽しまれていました。
DSC07680
DSC07687
会期は10/21(日)まで。※10/16(火)は休館日。
併設ショップでは、本展で展示しているポートレート作品が収録されたパンフレットのほか、バスキアやウォーホル、キース・ヘリングなどの関連グッズも販売中です。日本初公開の貴重なポートレート写真をぜひ会場でご覧ください!

【展覧会ページ】
バスキアとNYアーティストたち
Roland Hagenberg 写真展

2018/9/8 − 10/21

Local Prospects 4

アーティストトーク 吉濱 翔

撮影:田中和人

撮影:田中和人

展示作品を中心に自作について話します。公募の審査員が聞き手をつとめます。

日時:11月10日 14:00〜14:45
聞き手:宮本 初音ART BASE 88/Fukuoka Art Tips
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要要展覧会チケット

【展覧会ページ】
Local Prospects 4
この隔たりを

2018/10/27 − 11/18

Local Prospects 4

アーティストトーク 寺江 圭一朗

2018artium LP4 terae03

展示作品を中心に自作について話します。公募の審査員が聞き手をつとめます。

日時:11月4日 14:00〜14:45
聞き手:後小路 雅弘九州大学大学院人文科学研究院 教授
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要要展覧会チケット

【展覧会ページ】
Local Prospects 4
この隔たりを

2018/10/27 − 11/18

Local Prospects 4

アーティストトーク 木浦 奈津子

2018artium LP4 kiura03

展示作品を中心に自作について話します。公募の審査員が聞き手をつとめます。

日時:10月28日 14:00〜14:45
聞き手:阿佐美 淑子三菱一号館美術館 学芸員
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要要展覧会チケット

【展覧会ページ】
Local Prospects 4
この隔たりを

2018/10/27 − 11/18

Local Prospects 4

オープニングレセプション 作家来場

3名の出展作家を迎えて、オープニングレセプションを開催します。

日時:10月27日 18:30〜20:00
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要

【展覧会ページ】
Local Prospects 4
この隔たりを

2018/10/27 − 11/18

Local Prospects 4

公募審査結果発表

三菱地所アルティアムでは、九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家を中心に、“いま、ここで紹介すべき作家”を発信する展覧会シリーズ「Local Prospects 4」を開催いたします。
2015年にスタートした本シリーズは、門戸の開かれた展覧会とするため、第2回から出展作家4名のうち1名を公募で選出してきました。回を重ねて迎えた今回の「Local Prospects 4」では、さらなる可能性を求めて、出展作家全員を公募で選出いたしました。

絵画、写真、映像、インスタレーション、メディアアートなど、多彩な表現による46件のエントリーがありました。厳正なる審査の結果、下記の作家による展示プランが選出されました。この度のご応募、誠にありがとうございました。審査結果、審査員による講評は、以下の通りです。

●審査概要
募集期間:2018年6月1日(金)〜8月3日(金)
応募総数:46件
入選者:木浦 奈津子(1985年鹿児島県生まれ、鹿児島県在住)、寺江 圭一朗(1981年広島県生まれ、東京都在住)、吉濱 翔(1985年沖縄県生まれ、沖縄県在住)
審査員:後小路 雅弘(九州大学大学院人文科学研究院 教授)、阿佐美 淑子(三菱一号館美術館 学芸員)、宮本 初音(ART BASE 88/Fukuoka Art Tips)、山田 晃子(三菱地所アルティアム)

●審査員コメント
後小路 雅弘(九州大学大学院人文科学研究院 教授)
この展覧会の審査は初めてなので、過去3回との比較はできないが、応募者数も予想したよりずっと多く、内容的な面でも、箸にも棒にもかからないといったものはほぼなく、予想以上にレベルが高く、粒ぞろいだったので、選考にはたいへん苦労した。逆に言うと、全体のレベルは水準以上だが、その中でさらに突出している作家も見られず、どんぐりの背比べ、といった面も否めなかった。
審査というのは、今回に限らず常にそうだが、選考対象の作家や作品を審査するというよりは、自分自身の美術観や美意識、展覧会への向き合い方といったものを自ら問い直すことになる。今回は、作品そのものの持つ魅力、展覧会場での表現力といった面を判断基準にしたし、同時に、テーマの「隔たり」を、自己と他者(あるいは客体)との単なる図式を越えて深めているかどうか、そして、ローカリティがただの「九州/沖縄らしさ」といったレベルを越える、あるいは裏切る内実を持っているか、それが必然性や切実さに裏打ちされているかどうか、といったことを考えながら選んだ。
とはいえ、今回は公募展であり、わたしの個人的な基準をクリアする十分な実力のある作家を選ぶというより、ある到達点を目指して、呻吟し、歩み続ける、未完の可能性を意識的に選んだ、ということになるだろう。

阿佐美 淑子(三菱一号館美術館 学芸員)
展覧会「Local Prospects」も今年で4回目。今回は、3名の招待作家に加える公募作家一名を選ぶ第2回、第3回から発展、全員を公募とする形式をとった。その理由は、前回までの審査において、多くの応募作家の力量が招待作家に匹敵することが分かり、全て公募としたほうが展覧会として見応えが増すのではと運営側が予測したからだった。
その読みは当たった。応募数はこれまでで最高の46本、しかも、充実した作品が驚くほど多かった。そのため、審査には予想以上の時間を必要とした。レベルの高さに審査員全員が驚きの感想をもらしたのは痛快だった。福岡はもともと現代アートが盛んで、長年、若い作家のレベルが高く保たれているが、彼らがこの展覧会に注目し、挑んでくれたおかげで、展覧会そのものの成長が見えたからだ。また複数の九州在住の海外出身の作家の応募もあったことは、審査員にとって大変幸福なことだった。国内外に開かれたアートシーンが醸成されているのは、福岡の街の歴史を考えれば当然かもしれないが、大変好ましいことだ。
一つだけ残念だったのは、前回までの応募作品にも同様だったが、社会や歴史に眼差しを向けた作品が大変少なかったことである。自己と向き合う作品は、もちろん悪くない。が、福岡、日本を出て世界に挑むためには、自己だけでなく、世界を見つめ、思考を深め、それを作品に表現することが必要だ。次回展では、ぜひ自己の外へ開かれた作品を期待したい。

宮本 初音(ART BASE 88/Fukuoka Art Tips)
「人数、増やせないの?!」なんども選考の現場で発せられた声です。応募者数が少なかったのではありません。選出するアーティスト数を増やしたい、落とすには惜しい、そんな葛藤に溢れた選考会でした。
今回はアーティスト全員が公募ということで選出できる数が増えましたが、アーティストの力量や仕事のバリエーションを考えるともっと多くを選んで会場でせめぎあってほしいと思ってしまいました。それほど、熱い審査になったのはなぜか。
応募数が増えたことがひとつ。そしてその資料が見やすくなったということも一因です。過去のデータ、今回のコンセプト、その文字や画像のデータをもとに私たちは空想します、どんな作品が出てくるのか。ちゃんとそこを想起させる資料が増えたということです。なかなか採用されないと思っているかたは、ひとりで苦しまずアドバイスを受けたらよいと思います。アーティストはもともと資料より作品を作る人なのですから。
審査の結果、ユニークな3人が揃いました。テーマをどう咀嚼して作品が登場するか、また相互の関係もわくわくします。ただ、お気づきでしょうか、いま福岡に住んでいるアーティストが含まれていません。これは過去にもあった、福岡での公募展において対象が広がると出てくる現象です。福岡で「アートすること」が日本、アジア、世界の中でどんなポジションにあるのか、この展覧会を通して、私もまた考えることになるでしょう。

山田 晃子(三菱地所アルティアム)
今回の公募では、「この隔たりを」というテーマを設定することで、作家自身が切実に感じている違和感や距離などの“隔たり”に対して、どのような在り方を作品化しているのか、そしてそれを展覧会というフォーマットでどのように見せようとしているのか、という2つの問いを投げかけたことは、公募告知文に記した通りである。
そのため、テーマを独自に咀嚼し深く思考しているか、 作品として強度があり展示プランにすべてがうまく落とし込まれているか、という点を審査基準とした。寺江圭一朗に関しては、自身の思考行動や体験から生じる非言語的なものをうまく作品化している点を評価した。吉濱翔は、2014年以降の自身の創作活動を総括的にとらえてテーマ解釈するという独自のスタンスが興味深い。木浦奈津子は絵画という古典的フォーマットと技法で、他者に開かれた風景画をシンプルに追求し、展示プランでもその点に意識的であったことを評価した。3者ともにすばらしい展示空間をつくり出してくれるにちがいないと期待する。
また、今回は舞台芸術領域で活動しているアーティストからも複数応募があり、主催者としては、本シリーズが美術に限らず、広く関心を集めることができたことを大変うれしく思う。 応募いただいた作家全員に感謝するとともに、今回の応募が今後の制作活動にプラスになることを強く願う。

●展覧会概要
Local Prospects 4 この隔たりを
会 期:2018年10月27日(土)〜11月18日(日) ※11/6(火)は休館日
会 場:三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11イムズ8階)
時 間:10:00〜20:00
入場料:一般400(300)円、学生300(200)円、高校生以下無料、再入場可、( )内は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金、障がい者等とその介護者1名は無料、アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
主 催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社

【展覧会ページ】
Local Prospects 4
この隔たりを

2018/10/27 − 11/18

トンコハウス展

長砂賀洋さん ギャラリーツアー レポート

8/25(土)にトンコハウスのコンセプトアーティスト長砂賀洋さんをお迎えし、ギャラリーツアーをおこないました。終了後に開催したライブペインティング&サイン会と合わせて、レポートします!

DSC07427
福岡は初めてという長砂さん。参加者と会場をまわりながら、ここぞとばかりにたくさんの制作秘話を打ち明けてくださいました。なかには、ここだけの話という内容もありましたが、以下、一部抜粋・編集してお届けします!

ー「光」と「影」のためのマケット

(長砂賀洋さん)2Dアニメーションで、なぜ「マケット」をつくるのか。傾向として、日本のアニメは平面的な捉え方をしますが、海外のアニメは西洋絵画がベースになっていて、「光」と「影」が基本にあります。どういう影の入り方をするか、特に短編映画『ダム・キーパー』は、フルペイントで光を表現しているんですよね。キャラクターにどういう光が当たって、どういう影ができているか。マケットを見ることで、光や影の入り方を理解することができます。
というと、ちゃんとマケットを作ってもらえるので、そう言いますけど(笑)。一方で、制作スタッフのテンションが上がるから、楽しいからという理由もあります!制作スタッフのテンションが上がるというのは重要で、現場が楽しくないと良いアニメーションはできないんですよね。

DSC07433
DSC07600
ーCG制作は世界の仕組みを知ること

(長砂さん)(会場の長編テスト映像を見ながら)これは長編映画に向けて、東京のアニマさんという制作会社とコラボレーションしてテスト用に作りました。このクオリティのCG映像を制作するには、非常に高い技術が必要で、日本の会社とこのような3DCGの映像を作れたことはものすごく意味のあることだと思います。
平面の絵は、割と感覚的に描けるところもありますが、CGは全て具体的になるんです。例えば、ブタくんは、この3DCGのアニメーションで見ると、毛が生えています。他にも、着ているデニム生地のオーバーオールの縫い目がどれくらいの大きさになっているか、具体的にひとつひとつ考えていかないといけないんですね。そういう面では、知識や作業がより必要になってきます。だから、CG映像を作るのは世界を知ることに近い。世界の仕組みを勉強することにかなり近いんですよね。

DSC07562

ー堤大介さんとロバート・コンドウさん

(長砂さん) 堤さんとロバートは、トンコハウスを代表する二人で、同じコンセプト・アーティストですが、実は役割が違っています。ロバートはピクサーではデザイナーだったのですが、この線画はロバートが描いたもので、世界観の構造をつくるための絵です。(絵の中には、まるで設計図のようにストーリー設定の説明が描かれている)
image1
ペインターとして堤さんが描いた色が付いている絵は、世界観の雰囲気、匂い、光をつくる。
image2
デザイナーとペインターで分かれているのは、デザインする能力と、ペイントする能力が違うからです。二人の異なる才能が奇跡的に合わさって、気が合って、会社をつくるというのは、絵描きからしたらとても羨ましい、すごいことだと思います。

 

ー短編映画『Moom』

(長砂さん)最近では『君の名は』でも知られる、映画プロデューサー・川村元気さんが文章を書いた絵本『ムーム』(2014年、白泉社)があります。この絵本を短編映画にした作品『Moom』で、僕はアートディレクターとしていろんな絵を描きました。これはフルCGで作っていて、トンコハウスと日本のマーザさんという会社と制作しました。
これは『Moom』の 「エモーショナルチャート」と「カラースクリプト」と呼ばれるものです。これらはセットのようなもので、大人数のスタッフとどういう映画を作りたいかということをシェアするために、この二つがあります。 エモーショナルチャートは、縦線が観客の心の動き、悲しい時と嬉しい時。横線が時間になっています。グラフにすることで、一番高いところで観客が一番テンションが高い、というふうに設定します。音楽と一緒で、曲にはイントロがあり、サビがあり、アウトロがありますよね。観客に物語を飽きずに見てもらうために画面にどう写すかをエモーショナルチャートで、全スタッフで共有するわけです。 それで、カラースクリプトで、こういう絵が入りますというのを具体的に示していく。『Moom』で照らし合わせてみると、感情的に最も高ぶるところで花火が上がっています。そういったことを、この二つで、スタッフ同士でより共有していきます。僕の仕事はこういうことがメインですね。

DSC07463
ギャラリーツアー終了後、ライブペインティングをおこないました。長砂さんは、来場者からの質問に答えたり、エピソードを話したり、お話をしながら描くスタイルで、オーディエンスを終始楽しませてくださいました!
DSC07482
長砂さんがアートディレクターを務めた短編映画『Moom』に登場するムームやルミン、そして『ダム・キーパー』のブタくんたちが共演したイラストを描いてくださいました!「TONKO(TSU) HOUSE」の仲間たちのイラストは会場でお楽しみください♪

DSC07497
サイン会では、これまでに来場したトンコハウスの皆さんのサインが揃った書籍を持参されたファンの方の姿も。ここでも『Moom』からムームやルミンを描いてくださっていました。
DSC07511
DSC07411
エリック・オーさんにはじまり、総監督である堤大介さん、福岡出身の中村俊博さん、そして最後に長砂賀洋さんと、会期中にトンコハウスファミリーが続々と来場してくださいました。『ダム・キーパー』の長編作品など、トンコハウスのこれからが本当に楽しみです! 本展では、制作途中の作品も含めて、作品の制作過程やマケット、スケッチなども展示しています。会期は9/2(日)まで。どうぞお見逃しなく!

【展覧会ページ】
トンコハウス展
「ダム・キーパー」の旅

2018/7/21 − 9/2

トンコハウス展

中村俊博さん アニメーションワークショップ レポート

九州産業大学4年、博物館実習生の野村です。
8月18日(日)におこなわれたアニメーションワークショップの様子をレポートします。

DSC07278
福岡出身でトンコハウスのアニメーター中村俊博さんにお越しいただき、ゾートロープを作りました。ゾートロープとは、パラパラ漫画のような連続した動きのある絵や写真を、縦にスリットの入った円筒に入れて回転させるとアニメーションのようにみえる原始的な映像装置のことです。この装置を作ることで、アニメーションの仕組みを体験することができました。

まず、外側の枠を作ります。
DSC07234
木の棒を差し込む筒をボンドで貼り付けます。
DSC07238
いよいよ、内側に貼るアニメーションのイラストを描いていきます。今回、特別に中村さんが「ダム・キーパー」に登場するブタくん、キツネくん、カバくんが歩いたり、走ったりするゾートロープ用イラストをご用意くださいました!

そして急遽、中村さんにも参加者の皆さまと一緒にゾートロープを制作していただきました!
DSC07227
中村さんよりゾートロープのアニメーション制作のポイントとして、「動きが繰り返されるサイクルアニメーションなので、複雑なものよりもシンプルな動きの方が見栄えが良く、最初と終わりのイラストが似ているときれいにループした動きになる」とアドバイスをいただきました。
DSC07259
中村さん作のアニメーションのイラストに色を塗ったり、動きを参考にしながらオリジナルのイラストを描いたりと皆さま思い思いに作っていました。

DSC07271
この段階では動く姿がわからないので、どんなアニメーションになるのかワクワクしますね!

DSC07264
中村さんは、『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』に登場するさかなが水浴びしながらダンスするアニメーションを描かれていました。

イラストが完成したら、切り離してゾートロープの土台に貼ります。

DSC07268
すべて貼り終えると、ゾートロープの完成です。

DSC07272
回転させながらスリットの間から覗くと絵が動いて見えます。完成して初めて、自分で作ったアニメーションを見ることができ、静止画だったイラストが動き出すとついつい笑顔になってしまいますね!

完成後は自分の作品について発表し、一つ一つの作品に中村さんがコメントしてくださいました。
DSC07284
中村さんの「アニメーションは言語ではないので世界中の人と繋がることができる」という言葉を聞き、さらにアニメーションの奥深さを感じました。
image1
アルティアムの受付で、中村さん作のゾートロープを実際にご覧いただけます!お手にとってお楽しみください!ずっと回して見ていたくなります。

ワークショップ終了後、会場でライブペインティングとサイン会をおこないました!
たくさんの来場者と取材カメラが見守るなか、どんどん描き進めていきます。
DSC07312
福岡出身の中村さんならでは、かつ豪華キャラクターが勢揃いのイラストに仕上がっていました。ご来場の際は、近くでご覧ください!
DSC07319
サイン会にもたくさんの方にお並びいただき、ありがとうございました!

DSC07341
DSC07354

アニメーションワークショップは終了しましたが、アルティアム会場内で随時ワークショップ「風車をつくろう」を開催中です。
8/25(土)には、トンコハウスのペインター長砂賀洋さんが来場し、ギャラリーツアーとライブペインティングをおこないます!こちらもどうぞお楽しみに♪
会期は残り10日間!ご来場お待ちしております。

【展覧会ページ】
トンコハウス展
「ダム・キーパー」の旅

2018/7/21 − 9/2

ニュース&レポート アーカイブ