編みものけものみち 三國万里子展

2 Days ワークショップ目薬ポーチで編みもの入門

編みものの基礎を身につけて、2日間で小さなポーチをつくります。

【日時】12月19日10:30~12:0010:15受付開始
12月20日10:30~12:0010:15受付開始
【会場】会議室イムズ8F
【講師】三國万里子
【参加費】2,000円道具・材料費込
【定員】6名
【参加条件】両日参加可能な方、編みもの未経験の方。
【応募方法】ハガキまたは封書に、以下内容を書いてアルティアムまでお送りください。
①応募動機必ず本人が書いてください ②氏名 ③年齢 ④住所・郵便番号 ⑤電話番号あれば携帯⑥メールアドレス必ず連絡がつくもの
【送付先】810-0001 福岡市中央区天神 1-7-11 イムズ 8F 三菱地所アルティアム 三國万里子展ワークショップ
【締切】11月27日必着
【当選者発表】応募者多数の場合は抽選のうえ、12月4日までに当選者のみに連絡いたします。

【展覧会ページ】
編みものけものみち
三國万里子展

2020/12/19 − 2021/1/31

編みものけものみち 三國万里子展

三國万里子があなたのニットと対話する会

あなたが自分でデザインして編んだニットを見せてください!棒針で編んだものなら、セーターでも小物でも何でもOK。アピールポイントを添えて、まずは写真をお送りください。写真選考をさせていただき、選ばれたニット作品は、三國さんがじっくり見てコメントします。

三國さんからニッターのみなさんへの応援文
立派である必要は全くありません。上手なのも下手なのも、アーティスティックなのも平凡なのも、同様に敬意を持って相対します。ニットは作った人の持つ何かを分け与えられた分身であり、愛すべきものです。

【応募方法】以下内容をアルティアム までメールでお送りください。お一人様で複数の応募も可能ですが、メール1件につき1作品としてください。
①オリジナルニットの写真棒針限定 ②自作のアピールポイント ③ニックネーム ④年齢 ⑤氏名 ⑥住所・郵便番号 ⑦電話番号あれば携帯 ⑧メールアドレス必ず連絡がつくもの
【送付先】amimono-kemonomichiaartium.jp ※aは@に置き換えてください。
件名をニットと対話する会としてください。
【締切】11月22日必着
【当選者発表】写真選考で選ばれた方のみ、11月末までにアルティアムより連絡いたします。当選者にはニットの実物を送料負担で送っていただきますが、詳細は当選後にお伝えいたします。当選者の①オリジナルニットの写真、②アピールポイント、③ニックネーム、④年齢は、三國万里子さんのコメントと一緒に、アルティアムのウェブサイトで公開されます。

【展覧会ページ】
編みものけものみち
三國万里子展

2020/12/19 − 2021/1/31

最果タヒ展

併設ショップ

本展会期中、会場併設のアートショップ・ドットジーにて、最果タヒの書籍や関連グッズを販売します。

オフィシャルブック『一等星の詩』 ¥1,650(税込)

オフィシャルブック『一等星の詩』 ¥1,650(税込)

本展オフィシャルグッズ一覧

日時:2020年8月8日~9月27日 10:00〜20:00
会場:アートショップ・ドットジーイムズ8F/三菱地所アルティアム併設ショップ

【展覧会ページ】
最果タヒ展
われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。

2020/8/8 − 9/27

絵本原画ニャー!mini

絵本作家 きくちちき 絵でお答えします!

きくちちき『ちきばんにゃー』学研プラス 2014年

きくちちき『ちきばんにゃー』学研プラス 2014年

「一番好きな動物は?」「子どもの頃の夢は?」「実物や写真を参考にして描きますか?」など、きくちちきさんに聞いてみたいことはありませんか。抽選で3名の方の質問に、きくちちきさんが絵(スケッチ)で答えます。描いた絵は質問者にプレゼントします!

・・・
たくさんのご応募ありがとうございました。抽選により選ばれた3名の方の質問と、きくちちきさんからの回答は下記よりご覧いただけます。
回答① 回答② 回答③

応募方法:ハガキまたは封書に、以下内容を書いてアルティアムまでお送りください。
1 きくちちきさんへの質問
2 ニックネーム
3 年齢
4 氏名
5 住所
6 郵便番号
7 電話番号あれば携帯
8 メールアドレス必ず連絡がつくもの

当選者発表:アルティアムのウェブサイトにて、7月下旬に発表いたします。当選者の1 質問・2ニックネーム・3年齢は、きくちちきさんの絵と一緒に、アルティアムのウェブサイトで公開されます。公開後、絵は質問者に郵送にてお届けいたします。応募状況および抽選結果等に関するお問い合わせはご遠慮ください。

送付先:〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
三菱地所アルティアム絵本作家 きくちちき絵でお答えします!

締切:7月10日必着

【展覧会ページ】
絵本原画ニャー!mini
猫が歩く絵本の世界

2020/6/27 − 8/2

小さなデザイン 駒形克己展

【中止】ギャラリートーク

本イベントは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、お客様の健康と安全を考慮し、中止とさせていただきます。楽しみにされていた皆様には誠に恐れ入りますが、ご理解いただけますと幸いです。

komagata2014
駒形克己が作品について詳しくお話しします。トーク後、会場内にてサイン会をおこないます。

日時:3月15日14:00〜40分程度
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要要展覧会チケット

【展覧会ページ】
小さなデザイン 駒形克己展
2020/3/14 − 6/21

小さなデザイン 駒形克己展

【中止】ワークショップ ひとつがふたつ

本イベントは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、お客様の健康と安全を考慮し、中止とさせていただきます。楽しみにされていた皆様には誠に恐れ入りますが、ご理解いただけますと幸いです。

Photo by Kohei Yamamoto

Photo by Kohei Yamamoto

9枚の色画用紙から好きな色を選び、切り抜いた形を交換しあって、見開きの作品をつくります。

日時:3月14日開場13:45 開始14:00〜120分程度
会場:セミナールームAイムズ10F
講師:駒形克己
参加費:1000円材料費含む
定員:30名
対象:小学生以上大人も可
申込:アルティアム092-733-2050まで要電話予約。2月15日10:00より受付開始。
ご持参品:ハサミ、スティックのり

【展覧会ページ】
小さなデザイン 駒形克己展
2020/3/14 − 6/21

数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま

オープニングレセプション

撮影:野口博

撮影:野口博

池田学《蛸》2004  紙にペン、インク  30×30cm  個人蔵  撮影:宮島径  © IKEDA Manabu, Courtesy of Mizuma Art Gallery

池田学《蛸》2004
紙にペン、インク
30×30cm
個人蔵
撮影:宮島径
© IKEDA Manabu, Courtesy of Mizuma Art Gallery

本展キュレーションを務めた三潴末雄氏と出展作家の池田学氏が来場いたします。

日時:2月1日18:30〜20:00
タイムスケジュール予定
18:30〜18:40 池田学 挨拶
18:40〜19:00 三潴末雄 挨拶
〜20:00 閉場
会場:三菱地所アルティアムイムズ8F
※参加無料・予約不要

【展覧会ページ】
数寄景/NEW VIEW
—日本を継ぐ, 現代アートのいま

2020/2/1 − 2/29

数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま

トークイベント日本的美意識と現代アート

【登壇者プロフィール】

撮影:野口博

撮影:野口博

三潴末雄(みづま すえお)
東京生まれ。1994年、ミヅマアートギャラリーを青山に開廊(現在は市谷田町)。2008年に北京、2012年にシンガポールにMizuma Galleryを開廊。2014年には、インドネシアにレジデンススペース「ルマ・キジャン・ミヅマ」を開設。2018年、ニューヨークにMizuma, Kips & Wada Artをオープン。「ジャラパゴス展」 (2010)、「ジパング展」(2011-2013)、「エルピスの空」(2011)など、日本文化固有の文脈で構想した展覧会を複数手がけている。

 

 

2019artium_sukikei09小崎哲哉(おざき てつや)
1955年東京生まれ。京都在住。カルチャーウェブマガジン『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。同大学舞台芸術研究センター主任研究員。2003年に和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。2011年、三潴末雄氏キュレーションの「ジパング展」図録に寄稿。2018年には『現代アートとは何か』を執筆・刊行した。

 

 

日時:2月1日開場13:45 開演14:0090分程度
会場:セミナールームAイムズ10F
登壇者:三潴末雄ミヅマアートギャラリー ディレクター、小崎哲哉ジャーナリスト/現代アートとは何か著者
参加費:500円
定員:50名自由席
申込:アルティアムTel092-733-2050まで要電話予約。1月4日10:00より受付開始。
※定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

【展覧会ページ】
数寄景/NEW VIEW
—日本を継ぐ, 現代アートのいま

2020/2/1 − 2/29

ニュース&レポート アーカイブ