Local Prospects 2

公募枠審査結果発表

三菱地所アルティアムでは、九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家を紹介する展覧会シリーズ「Local Prospects 2」を開催いたします。2015年に初開催された本シリーズの第2弾では、さらに門戸の開かれた展覧会とするべく、グループ展の中の1枠を公募枠として広く募集いたしました。立体、絵画、インスタレーション、写真、映像作品など、多彩な表現による41件のプランが集まりました。審査の結果選ばれたのは、井上絢子さんの展示プランです。
既に発表しておりました招待作家である角田奈々さん、国本泰英さん、潘逸舟さんを含めた全4名の出展作家が確定いたしました。展覧会にどうぞご期待ください。
三菱地所アルティアム(担当:笠井)

●審査概要
募集期間:2016年5月18日(水)〜8月7日(日)
応募総数:41件
入選者:井上 絢子
審査員:阿佐美 淑子(三菱一号館美術館 学芸員)、山出 淳也(NPO法人 BEPPU PROJECT)、三菱地所アルティアム(笠井 優、鈴田 ふくみ)

●審査員コメント
阿佐美 淑子(三菱一号館美術館 学芸員)

このたびの公募には40を超える作家、グループより提案が寄せられた。先ず、明らかに完成度の高い作品数点に絞り、そのうえで、複数の審査員が推した作品を前に、かなりの時間をかけた議論を行い、最優秀作品を決定した。最終候補となった数点の作品は、いずれも瑞々しい感性が光り、また密度高く、選考は困難を伴った。そのうち、今回選ばれた井上絢子の作品は、作品そのものの質が高いことに加え、「アイデンティティ」という、作品を支えるコンセプトが明快に提示され、且つ深く掘り下げられており、最終的に4人すべての審査員が最優秀作品として合意するに至った。
運営側の予想を上回る点数が寄せられ、審査にも熱が入った。来年も今回以上に濃密な公募となるよう期待している。

山出 淳也(NPO法人 BEPPU PROJECT)
九州に由来する多くの作家が本事業に興味を持ち、応募していただいたことに感謝したい。
長時間に及ぶ審査の末1名を選出したが、他のどの作家も非常に興味深く、惹きつけられる作品や提案が少なくなかった。
テーマとなった「アイデンティティ」は、先人たちによってこれまでも繰り返し考えられてきた、そして、今後もやはり向き合わなければならない問いである。何を持って自己を位置づけるのか? ルーツなのか、生まれた場所なのか、生きてきた時間なのか。外的要因だけではなく、内的なものも影響を与えるとすれば、これからの活動を通して、さらにこのテーマを振り下げ、世界に向けて提示していただくことを期待している。

●展覧会概要
タイトル:Local Prospects 2
テーマ:アイデンティティ
会期:2016年11月5日(土)〜11月27日(日)
会場:三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11イムズ8階)
時間:10:00〜20:00
入場料:一般400(300)円、学生300(200)円、高校生以下無料、再入場可、( )内は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金、アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD (イムズカード)会員無料
主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社

●出展作家
角田 奈々(1986年福岡生まれ)
国本 泰英(1984年大分生まれ)
潘 逸舟(1987年上海生まれ)
井上 絢子(1985年福岡生まれ)

作家の詳細プロフィールや参考作品画像などはこちらです。

【展覧会ページ】
Local Prospects 2
アイデンティティ

ニュース&レポート アーカイブ