LAND SPACE 瀧本幹也写真展

感想帳より

会期終了間近!今週日曜日6/29までとなってまいりました。
写真がお好きな方はもちろん、スペースシャトルのファンという方にもご来場いただいています。会場内の感想帳にたくさんメッセージをいただいていますので少しご紹介します。

ARTIUM 7

・デザインを撮影している感じを受けてなんとも良かったです。テキスタイルのようで、絵のようで、他に見たことのない印象です。

・不思議な緊張感がありました。山の頂や海の輝きに比べると巨大な噴射口は虫の羽のようにうすくてもろいものに見えました。

・自然風景を撮った写真はどこかに生物が存在しているような、動きだしそうな感じがしました。

・SPACE→LAND→SPACE…と観ていくうちに包まれるような独特の世界にひきこまれていきました。

・引きこまれた。壮大で心が落ちつくような気分になりました。美しい青。

・スケールが大きすぎて、自分が小さくなったキブン。

・見たこともないLANDとSPACEの写真が並び、スケール感を失う感覚になった。素晴らしい写真をありがとう。いつか自分の眼で見たいと思う。

・東京でみた時と印象が変わりました。広く自由なかんじ。

・とてもとても深く感動しました。別の世界であり同一の世界の行き来によって、自分自身の中に旅する心地でした。本当に素晴らしい旅に、深い感動。言葉にはとても言い表せない感動です。

・究極的な人工物は自然に近づく様な気がした。

・2回目。やっぱり「LAND」のスケール感がなくなる。と同時に、宇宙旅行の気分を味わう。これが地球なのか。ひきこまれます。

・心臓が息をしづらくなるような美しさに引きこまれました。何度も来ようと思います。

・機械の規則的なならびの美しさを見たあと、LANDの不規則でダイナミックな有機物に違った美しさをかんじます。地球はエネルギーにあふれていますね。

・人工物の造りも自然の創りもならべてみると同じような規則的なものを感じ、同じ地球にできたもの、分けられないものなんだと思いました。

ARTIUM 3

・ロケットが雲から顔を出している写真が好きです。ロケットがとってもかわいく見えます。青の美しさにハッとしますね。

・たくさんの青に熱が冷やされた心地よさ、ありがとうございました。スペースシャトルもう飛ばないのが残念に思いました。

・将来は宇宙飛行士になりたいので、とてもいい経験になりました!宇宙から大自然を見てみたいです。スペースシャトルの発射の瞬間の迫力がすごくて音も振動も大きいことが1枚で伝わりました。絶対に宇宙に行くので本当に良い経験ができました!!ありがとうございました!

・金属で例えるならば「銅」のような、決して冷たすぎない、クールだけどどこか人間的な、あたたかさの残る写真。南極の海の写真にすごくひかれました。またどこかで必ず出会いたい写真群でした。

・2回目です。職場(中学)の掲示板に提示したところ、生徒から「ポスター、終わったらいただけますか?」と言われたのでポスターをあげて「中学生は無料だよ」と伝えました。しばらくして「すごかったです…」生徒の眼が生き生きしていました。ありがとうございました。スケールの大きさに自分の心もゆったりしました。

・私も「このようなものを撮ってみたいねぇ」と感じましたが、もう撮ることができないのもあります。「その時にしか撮れない」記録にもなります。スペースシャトル(オービタ)の詳細な部位には見入ってしまいました。太古から変わりない自然の風景でも、南極とアイスランドは温暖化の影響で変貌しつつあります。2つの視点の地球の風景、いつの日か私も撮ってみたくなりました。写真展に来場してよかったです。ありがとうございました。

・今月のはじめに自分がロケットにはいってGにたえている夢をみて今回のスペースシャトルの打ち上げの写真展があることを知り、これはぜひみたいと思ってきました。一番印象的だったのは、アポロサターンVの噴射口です!ブルーがとてもきれいで心があらわれました。

・自分が宇宙人として地球に降り立ったような感覚になりました。改めて地球は神秘だなって思います。

 

【展覧会ページ】
LAND SPACE 瀧本幹也写真展

ニュース&レポート アーカイブ