スノーマンの世界展

会場内ご紹介前編

こんにちは、初めまして。博物館実習生の大中です。
現在、開催しております「スノーマンの世界展」(〜8/31)のレポート(前編)をさせていただきます。

本展はスノーマンの30年ぶりの新作アニメーションの制作を記念した展覧会となっております。スノーマンの絵本原画をはじめ、アニメーションの絵コンテやスケッチ、背景画など約100点の作品を展示しています。

会場の入口ではとても可愛らしいスノーマンとスノードッグが出迎えてくれます。展覧会会場内は写真撮影禁止ですが、ぬいぐるみは撮影が可能で一緒に写真を撮ることが出来ます!

snow_bloggazou01
まずは、1982年に制作されたスノーマンのアニメーションのセル画です。セル画の他にも、当時制作されたスノーマンのビデオ用のカセットやレコードジャケットなどが展示されています。アカデミー賞にノミネートされたものもあり、とても貴重なものばかりで驚きました!

snow_bloggazou02

次に、新作アニメーション“スノーマンとスノードッグ”の絵コンテ、スケッチ、背景画です。このアニメーションは、最初のアニメーション化から30周年にあたる2012年に制作された待望の新作!絵本や旧作アニメでもおなじみのスノーマンに加え、新たにスノードッグという新しい仲間が登場し、スノーマンと少年ビリーとともに繰り広げられる不思議な旅が描かれています。なんと全て色鉛筆で描かれた手描きアニメーションで、原作絵本の雰囲気がそのまま引き継がれているのが展示されている資料からもよく分かります。制作資料だけでなく、スノーマン、スノードッグ、ビリーに関する2分間のメイキング映像を流しています。キャラクターたちが描き上げられる様子を観ることが出来て、とてもワクワクしました!

snow_bloggazou03

今回はここまでです。次回(後編)は映像と絵本原画、絵本コーナーについてお届けします。お楽しみに!

 

【展覧会ページ】
30th Anniversary The Snowman Animation
スノーマンの世界展
〜THE SNOWMAN FANTASY WORLD〜

ニュース&レポート アーカイブ