スノーマンの世界展

会場内ご紹介後編

こんにちは。博物館実習生の大中です。現在開催中の「スノーマンの世界展」(〜8/31)のレポート(後編)をさせていただきます。ぜひ前編もご覧ください。

映像コーナーでは、絵本『スノーマン』の場面と新作アニメーション『スノーマンとスノードッグ』のキャラクターのコラージュによる4分間の映像を流しています。絵本原画のコラージュなのでスノーマンの世界観がそのまま楽しめます!

IMG_1407a

映像の横ではスノーマンが優しく見守ってくれています。

さらに奥へ進むと、1978年にイギリスで刊行された絵本『スノーマン』の原画を展示しています。日本では、当時『ゆきだるま』という日本語タイトルで同年に刊行されました。お子さまを持つお父さまやお母さまは、小さいときに読んだ記憶があって懐かしいという方も多いのではないでしょうか。子どもから大人まで幅広い層のお客さまに親しまれ、支持されている絵本です。

snowmanblog003

『スノーマン』は、文字のない、コマ割りのイラストでつづられた、少年とスノーマンとの出会いそして不思議な冒険と別れを描いた作品です。コマ割りを使った絵本はあまり見たことがなかったのですが、構成がとても面白くてどんどん読み進んでしまいます。

snowmanblog004

snowmanblog005

色鉛筆で優しく淡いタッチで描かれていながらも躍動感にあふれ、見事なまでにストーリーを伝えてくれる絵本原画。間近で観ることができるのは大変貴重です。更に絵本原画が全て揃った展示は本展が日本初です。お見逃しなく!
他にも、作者のレイモンド・ブリッグズ自身が制作した絵本『スノーマン』の仮製本(ダミー本)も展示されていました。普通では観ることができないものですので、とても驚きました。こちらも貴重です!

snowmanblog006 一番奥のスペースでは、レイモンド・ブリッグズが手掛けた絵本コーナーがあり、展示ケースの中には9点の絵本を展示しています。

snowmanblog007

そして、絵本を自由読むことができるコーナーがあります!『スノーマン』をはじめ、『サンタのクリスマス』など10点の絵本と、絵本作家のインタビュー集もゆっくり読んでいただけます。

snowmanblog008

レイモンド・ブリッグズの絵本がいっぱいです。少し悲しいお話や、コミカルなサンタのお話、もちろん『スノーマン』も。

snowmanblog010

座って読むことが出来ますので、ゆったりとした空間で絵本の世界へ入り込めそうです。お子さまも大人の方も夢中で絵本を読んで楽しんでいらっしゃいました。

会期も残り1週間をきってしまいました。最後の土日にもスノーマンが遊びに来てくれます。スノーマンと一緒に写真撮影会を14:00から14:30まで開催しますので、ぜひご来場ください!

夏休みの思い出づくりも最後のチャンスですよ☆

【展覧会ページ】
30th Anniversary The Snowman Animation
スノーマンの世界展
〜THE SNOWMAN FANTASY WORLD〜

ニュース&レポート アーカイブ