荒木経惟 左眼ノ恋

会場内ご紹介前編

好評開催中の『荒木経惟 「左眼ノ恋」』は普段より少し長めの会期ですが、まだまだと油断していたら、残り2週間ほどになってしまいました。皆さん予定には入れていただいていますでしょうか?福岡では11年ぶりとなる貴重な展覧会です。どうぞお見逃しなく!

会場内を少しご紹介します。

IMG_8773
入口には荒木さんご本人が書かれた書をもとにした展覧会タイトルが目に入ります。“さがんのこい”と読みます。荒木さんが敬愛する写真家のエド・ファン・デア・エルスケンが1956年に発表した「セーヌ左岸の恋(さがんのこい)」という写真集からインスピレーションを得てつけられたタイトルです。

会場の中心に展示しているのは、空を撮影したポラロイド写真800枚を組み合わせたインスタレーションです。空の写真は力強さや優しさが感じられ、観るものに勇気や元気を与えてくれます。

IMG_3180
「空」のポラロイドについて会場内に設置している感想帳にも感動したという熱いメッセージが多く寄せられています。様々な空の表情が感情を表しているよう感じるのかもしれません。

ポラロイド写真はたった1枚しか存在しない貴重な作品と言えますが、本展開催を記念してタカ・イシイギャラリーのご協力のもと、なんと併設のアートショップ 「.g <ドットジー>」にて会期中のみの限定販売をしています!こちらの店頭の作品以外にも、「空」「花」などを撮りおろした写真もございますので、ご覧になりたい方はスタッフまでお声掛けください。(額装およびサインをご希望の場合はお時間をいただきます。)

IMG_2217

 

「会場内のご紹介」はまた次回へつづきます。。

 

【展覧会ページ】
荒木経惟 「左眼ノ恋」
Nobuyoshi Araki : Love on the Left Eye

ニュース&レポート アーカイブ