星空からのメッセージ展

トークイベント&オープニングレセプション レポート

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
2015年の展覧会にもどうぞご期待ください!!

展覧会期も残りわずかとなってきました。初日に開催したギャラリートークとオープニングレセプションでは、大宮エリーさんから展覧会についてお話しいただきましたので少しご紹介します。

oomiya-talk01-aoomiya-talk02
(以下は大宮エリーさんのご挨拶を一部抜粋・編集したものです。)
東京のコニカミノルタプラザ(本展はコニカミノルタプラザで2013年秋に開催された巡回展)のために考えて作った展覧会でした。こういう展示を見ると「大宮エリーさんってロマンチストな人なの?」と言われますが、そういうわけでもありません。広告代理店で働いていた会社員時代は残業で大変だったのですが、人につらいと言えませんでした。人につらいのがうつってしまいそうで、元気なときしか連絡を取らなかったりもしました。そんなつらい時に星を見ることが多く、星を見るとほっとするのはなぜだろうと考えました。いろんな人たちが星を見上げると、星空からはみんなが繋がっているように見えるのではないかと思えて、詩を書きました。置かれてる立場はそれぞれ違うと思うのですけれど、その方の状況にあったような詩の解釈で感じられるようです。東京の展覧会では泣き崩れる人もいて大丈夫かなと心配しましたが、すっきりしましたといって帰って行かれましたのでそれならいいかと思いました。天の川にとびこんで体に映したりしていました。藁も月も好きでクリスマスにはキリストが馬小屋で聖なるものが生まれるというイメージもありますので、大切なものや忘れかけていた何かが生まれたら良いと思って、こういう空間を作りました。

oomiya-talk03-a

その後のお客さまからの質問コーナーではジョークを交えながらも親身になって真剣に答えてくださる大宮さんの温かさに包まれた和やかなムードのイベントになりました。

【展覧会ページ】
星空からのメッセージ展
大宮エリー

ニュース&レポート アーカイブ