シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

ワークショップ 活版印刷でブラック・ベアのポストカードをつくろう レポート

6月17日(土)、18日(日)におこなわれた活版印刷ワークショップの様子をレポートします! 今回、ブルームーンデザイン事務所の中川たくまさん、福岡市内で活版所文林堂を営む山田善之さん、長崎県小値賀島で家業の晋弘舎活版印刷所で働く横山桃子さんを講師としてお迎えししました。 講師のみなさんより、ブルーナ作品の魅力や活版印刷の歴史など説明いただき、ワークショップがスタートしました。 DSC00409web
今回使う紙は、赤、青、緑の3種類。この紙が、どのように仕上がるのか楽しみです♪ DSC00434web
活版印刷は、セットされた凸面の版にインクをつけ、圧をかけて印刷をします。手作業でおこなうため、圧力の具合やその時のインクの状態により、1枚1枚少しずつ違った表情の印刷物ができあがるのが特徴です。

まず、印刷機に紙をセットします。印刷機の中には、かわいい「ブラック・ベア」の版がスタンバイしています!レバーを手前にぎゅーっと引いて、ドキドキしながら、ゆっくりゆっくりとレバーを戻します。 すると…!紙に「ブラック・ベア」が印刷されました。自分で印刷すると嬉しさも倍増です。 みなさん、レバーを引いて印刷するときは真剣な表情、レバーを戻しできあがりを見ると笑顔がひろがります。 DSC00623web DSC00565 DSC00849 DSC01050web DSC00813
次に、好きな言葉を選び文字を印刷します。今回、ブルーナ作品のペーパーバックの表紙に登場する言葉を中心に、オランダ語のガイドを用意しました。みなさん思い思いの言葉を選んでいましたよ。講師の中川さんによると、活版印刷は、ブルーナさんの生まれであるオランダから長崎に伝わったそう。意外なところでもオランダとのつながりを知り、嬉しくなりました。 DSC00919 DSC00554 IMG_1595web
同じ「ブラック・ベア」の版ですが、選ぶ言葉やレイアウト、印刷の具合によって、みなさん表情の違うポストカードが完成しました。 DSC00594web
講師の山田さんは、「ボタンひとつで早く大量に物ができあがる時代に、人との出会いや手で創ることに魅力を感じ活版印刷を続けている」とおっしゃってました。また、100年続く活版印刷所の4代目である横山さんは、お父さまがおっしゃった「活版は人間のリズムに合った印刷だ」という言葉をとても実感しているそう。

ブルーナさんの作品も「手で創りだす喜び」「人間のリズムや温かみ」が感じられます。今回のワークショップでは、そんなブルーナさんの作品やオランダとのつながりにも想いを馳せながら、とっておきの1枚をつくることができました。

展覧会も残すところ6日となりました。ぜひ「ブラック・ベア」をはじめ、ブルーナさんの温かみのある作品に会いに来てくださいね。ご来場お待ちしております♩

BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna

【展覧会ページ】
シンプルの正体
ディック・ブルーナのデザイン展

ニュース&レポート アーカイブ