イルヨイルイル モノモノノケ 展

会場レポート

九州産業大学4年、博物館実習生の奈須です。

本展は絵本作家tupera tuperaと写真家の阿部高之さんによる、暮らしの中に潜んでいるかもしれないユニークな怪物たちが登場する写真絵本『モノモノノケ』の世界に出会うことができます。開幕から1ヶ月ほど過ぎ、お子様から大人の方までたくさんの方に来場いただいております。展覧会の会場をご紹介します。

◆写真パネル
『モノモノノケ』の絵本の一コマを紹介するパネルを展示しています。
「あ!ここにいたよ!」とモノモノノケの見つけあいっこをして楽しんで鑑賞されている様子がよくみられます。みなさんもぜひ、日常に潜むモノモノノケを大きなパネルの中から見つけてみてください。中央にはジャバラ状の絵本の実物が置かれ、3メートルのページを一目で見渡すことができます。
DSC01939

◆モノモノノケ立体作品
絵本に登場したモノモノノケたちの展示ブースとなっています。ここに展示されているものは、すべて実際に絵本制作に使用された作品です。個性豊かなモノモノノケたちは大きさも性格もさまざまです。暗い空間に浮かび上がるようでちょっぴりブキミですが、それぞれのモノモノノケのネーミングや性格を知ると可愛くみえてきます。会場の壁には、元気に動き回るモノモノノケたちが映像として見え隠れしています。ぜひ探してみてください。
DSC01950

◆絵本とワークショップ
こちらには、『モノモノノケ』や『わくせいキャベジ動物図鑑』、『しろくまのパンツ』などのtupera tuperaの絵本を15冊設置しており、自由に読むことができます。『モノモノノケ』以外の絵本作品にもぜひ触れてみてください。
また、オリジナルのモノモノノケをつくるワークショップに参加できます。参加無料です!詳しくはこちらをご覧ください。
DSC01949

◆アイデアスケッチや絵本原画
モノモノノケたちの性格や見た目などの細かいアイデアスケッチとジャバラの形をした絵本のラフが展示されており、絵本の制作過程を垣間見ることができます。また32枚の絵本原画のひとつひとつ存在感のあるモノモノノケたちは、写真とイラストのコラージュです。
7月28日におこなわれた「ソコノケソコノケ モノノケトオル ワークショップ」の阿部高之さんによって撮影された写真とワークショップ参加者のつくったモノモノノケお面を8月4日(金)から追加展示しています。
ぜひこちらもご覧ください。
DSC01945
DSC01946

モノモノノケ展の会期も残り3週間ほどとなりました。夏休みのお出かけの際には、ぜひイムズ8階の三菱地所アルティアムにお立ち寄りいただき、愉快なモノモノノケの世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。

【展覧会ページ】
絵本作家 tupera tupera × 写真家 阿部高之
イルヨイルイル モノモノノケ 展

ニュース&レポート アーカイブ