イルヨイルイル モノモノノケ 展

キミノモノモノノケをつくろう!作品紹介+感想帳より

会場内のWSスペースでは、随時オリジナルのモノモノノケを作ることができます。WS用紙は全部で50種類!黒の背景に写るモノたちは、絵本『モノモノノケ』と同じく、全て写真家の阿部高之さんが撮影されており、とても豪華な企画です♪会場にいるモノモノノケたちは全部で32体ですが、来場者の方が作る新たなモノモノノケたちが日々誕生しています♪ほんの一部ですが、参加者の作品をご紹介します。
WSスペースのレポートはこちらからご覧ください。

!cid_15da640937fd2087b262
!cid_15de9e306ad88be112d1
!cid_15de4139749d4b4212e2

!cid_15de41311791c8b92276
!cid_15dfd3583fbc522372f4

また、感想帳から、来場者の声をお届けします。
・モノモノノケたちがユニークでかわいかった♡写真のやわらかな感じも好きです。

・モノに付けられた口や目の色や柄がとてもおもしろかったです。自分なりのモノモノノケも、作品を見たからか、イメージがムクムクわきあがり、のびのびと作成することができました。お家に帰って、モノモノノケを探してみようと思います。

・『木がずらり』を読んだときからtupera tupera さんのファンです。誰だって誰かの役に立ちたいし、仲間がいてほしい。そんなことを思わせられました。これからもステキな言葉の世界を味わわせてください!応援しています。

・本のケースのデザインや、びょうぶのような作りもとても魅かれました。

・最初見た時は少し怖い気持ちでしたが、モノノケたちの紹介を見ると何だかにくめなくて、出る頃には愛しく思えます。

・いろんなモノに いろんな表情、 いろんなイノチ。ちょっと不気味で、でもにくめない。だれかの心のドアをちょっとあけられる作品、またたのしみにしています。

・娘(4歳)とすごく楽しみました。またお待ちしています♡

・開催前からおもしろそう…と興味があって、今回、福岡に来る用事ができたので、鹿児島から見に来ることができました。小学一年生の時、担任の先生に「物には命がある」とずっといわれていたことを思い出しました。

・『モノモノノケ2』もほしいです。

・いろんなモノモノノケがいておもしろかったです。自分でつくれるのがたのしかったです。またきたいです。

・みんなの作品、くすくす笑いました。

・写真と絵が絶妙に混ざっているのが良いですね。

・童心に帰れます。

・発想力に脱帽。とても心躍らされました。「タベタベーズ」がお気に入りです。

・「チャワーン」と「オワーン」いいね。うれしいことと悲しいこと聞いて泣いてもらいたいな。

・お母さんが「ハチマキ」にだいばくしょうしてました。というのも、世界に緑をふやすのはいいのですが、ざっそうのたねをまくのがおもしろかったそうです。

・子供の頃、故祖父にどんな物にも神様が宿っているから大切にしなさい、と言われた時の事を思い出しました。ひょうきんな表情と個性ある姿に楽しませていただきました。ありがとうございます。

・32しゅるいみつけました!

・福岡でイベントを開催してくださってありがとうございます。またぜひイベントしてください。親子でいつもノージーみています。

・子ども達が中高生になり一緒に絵本を読む楽しみはなくなってしまいましたが、今も楽しく読んでいて、将来の孫にtupera tuperaさんの絵本を読ませたいと思っています。

・楽しかったので2回も来てしまいました。ワークショップ、みなさんの作品も考えるのも楽しかったです。

・じつぶつもあってビックリしました。こんな体けん初めてです。またここへきたいです。とくに好きなモノノケは「シンボウズ」です。

・B2Fもあわせてめちゃくちゃ楽しんでしまいました。やっぱりアイディアがすごいです!個人的には「スポンジイ」が映像で出てくるのがかわいくて好きです。

会期は残り一週間!会期中再入場できるチケットです。ぜひご利用くださいね。また、会場内は撮影ができます。(フラッシュ・動画撮影は禁止)
最後になりましたが、tupera tuperaさんは、横須賀美術館で「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展」の開催も決まっていますよ。多彩な活動で大活躍のお二人と阿部さんによる新作写真絵本の魅力を余すところなく感じることのできる本展を、どうぞお見逃しなく!

【展覧会ページ】
絵本作家 tupera tupera × 写真家 阿部高之
イルヨイルイル モノモノノケ 展

ニュース&レポート アーカイブ