鈴木マサルのテキスタイル展

ワークショップ オリジナル缶バッチをつくろう! レポート

12/17(日)に鈴木マサルさんを講師にお迎えし、缶バッチづくりのワークショップを開催しました。当日は多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。ワークショップの様子を画像を交えてご紹介します。

まず、たくさんの種類の中からテキスタイルを選びます。今回使用したテキスタイルは、すべて鈴木さんデザインのもので、会場に展示している、初お披露目の「サルスベリ」や「ケーキ」の柄もご用意していただきました。鮮やかなたくさんの色柄を前に、どのテキスタイルのどの部分にするか、缶バッチになるイメージを広げながら、皆さん真剣です。

DSC04112
テキスタイルが決まったら、型紙になる透明のシートを当てて、直径8cmほどに丸く切り抜きます。

DSC04108
切ったあとは、缶バッチ製造機にはめて、レバーを押します。向きを変えてもう一度くり返し、再度レバーを上げると、オリジナル缶バッチが完成です!
DSC04117
学生さんの参加も多く、混み合う中、参加者の方々へアドバイスをしてくれる鈴木さん。お子さまも夢中でつくっていました。
DSC04104
完成した缶バッチは、同じテキスタイルを使用しても、それぞれその人らしい仕上がりになっていました。

!cid_160a6437054328bb82a1

一日限りのワークショップで終わってしまうのがもったいないくらい、完成度の高い缶バッチができあがりました♪テキスタイルや色柄を身につける楽しさを実感できるワークショップとなったのではないでしょうか。

ワークショップは終了しましたが、最終日1/14(日)に再度鈴木さんが来場し、ギャラリーツアーを開催します!会場内のテキスタイルやプロダクトについて鈴木さんの解説を聞くことのできる貴重な機会に、ぜひご来場くださいね。

【展覧会ページ】
鈴木マサルのテキスタイル展
目に見えるもの、すべて色柄

ニュース&レポート アーカイブ