編みものけものみち 三國万里子展

三國万里子があなたのニットと対話する会③

第3回は「ほっこり系」。当選者は、osatoさん、アイコさん、kapa830さんです。青字は三國万里子さんからのコメントです。
第1回目はこちら、第2回目はこちらから。

osatoさん(29歳)

osatoさん(29歳)

オリジナルのニットを作るのは初めてというosatoさん。
「一からものを作り出すことの大変さ」を経験したとおっしゃっていましたが、この帽子にはosatoさんのアイディアと工夫がしっかりと込められています。
まずスヌーピーの耳みたいな可愛い耳あてから頭部にかけて、ケーブル模様が施されているおかげで、自然な流れでパーツ同士の一体感が表現されています。
ゴム編みの帽子本体は、後ろ側が首を覆うように長めで、前はアビエイター・キャップ(飛行士の帽子)のように上に折り上げられて、帽子の形にメリハリを与えています。
色もオレンジ色の本体に茶色のネップ糸を合わせたところに、素材の持つ厚みを表現しようという工夫が感じられて、とてもいい。
オリジナルの2作目もぜひ、鋭意作っていただきたいと思います。

 

アイコさん(46歳)

アイコさん(46歳)

胸に大きな魚を編み込んだベスト。
魚好きの息子さんが描いた絵を元にしたもので、ディテイルもしっかり再現されています。
お母さんであるアイコさんが語るお話の端々に、息子さんへの愛ある眼差しを感じて、これは一種の「ファン・アート」だなと思いました。
魚の編み込みに、生き生きした親子の語らいの中で生まれるもの特有の、すごくパーソナルで、かつ一回性の火花のようなものが宿っているのを感じます。
今回は棒針編みの作品の募集でしたが、アイコさんからは番外編としてかぎ針編みの「魚型のポーチ」も同梱されていました。
これは釣りをするときの物入れだそうで、小さい釣り師である息子さんがこれを腰につけ、竿を構える姿はさぞ決まっていることだろうと想像します。
魚のニットたち、息子さんが大きくなっても懐かしく見返すでしょうから、ずっと大事に取って置かれますように。

 

kapa830さん(56歳)

kapa830さん(56歳)

愛犬のセーターと、ご自分用のベストをお揃いで編まれたkapa830さん。
犬は人間とプロポーションも、手足の出方も違うので、形を作るのがなかなか難しく、またその分面白くもあったのではと想像します。
二枚を見比べて、犬くんのセーターの方がしっかりと使い込まれ、フェルト化しているのがとてもリアルで、このセーターは相当彼の役に立ったんだなあと、オンライン画面の端っこに映るシェパードくんとセーターを見比べながら、ジーンとした気持ちになりました。
kapa830さんは以前わたしのニットのクラスに出ていらっしゃったので作品をよく覚えているのですが、トラディショナルな模様にご自分の好みを加えながら、すごくクオリティーを感じさせるものを作る方です。
自分にとってのチャレンジを次々に設定する様子が見ていてかっこよく、これからも素晴らしいオリジナルニットを作っていかれることと期待しています。

———–

企画にご参加くださった皆様、三國万里子さん、ありがとうございました。
会期は1月31日(日)まで。ご来場お待ちしております。

*三菱地所アルティアムでは、感染予防・感染症拡大防止のため、対策をおこなっています。こちらを確認のうえご来場ください。みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。

【展覧会ページ】
編みものけものみち
三國万里子展

ニュース&レポート アーカイブ